ロマネスク 太宰治

 今日は、太宰治の「ロマネスク」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは太宰治にしては珍しく、日本昔話みたいな童話なんです。仙術で怪異が起きるのですけれども、かといって子供が喜ぶような物語でも無い。飄飄とした物語展開でした。三作品の連作です。第二話はピカレスク小説で、第三話でいろんなことが繋がってゆく……。
  

0000 - ロマネスク 太宰治

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)