帆の世界 室生犀星

 今日は、室生犀星の「帆の世界」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 この本を読んでいて連想したのは、西洋絵画における裸婦像のことです。室生犀星は、日常に於ける偶然のおどろき、これに夢中になってしまった男の思念を記していて、すごい説得力に思いました。主人公はただなんとなくピアノを弾いているだけの暮らしをしている、ちょっと謎めいた男なのですが、ある倒錯した習癖がある。その秘密に気がついた満子と刑事が、主人公に問いかけ……つづきは本文をご覧ください。
   

0000 - 帆の世界 	室生犀星

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)