火繩銃 江戸川乱歩

 今日は、江戸川乱歩の「火繩銃」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ぼくはむかし真本格推理小説というのにハマっていて、今回の江戸川乱歩の小説は、ややそれの原形みたいなところがあるように思いました。本格推理には、世間から隔離された館や、鍵のかかった密室というのがよく登場すると思うんですけど、今回の「火縄銃」はまさにそういう設定でした。本文こうです。
quomark03 - 火繩銃 江戸川乱歩
  日頃探偵狂の橘が、こんな事件にぶッつかって安閑あんかんとしている筈がない。永い間姿を隠していたのは、その間に何か真相をあば手掛てがかりつかんだのか、あるいは証拠がための為めに奔走ほんそうしていたに違いないと思った……quomark end - 火繩銃 江戸川乱歩
 
 中盤で、探偵役のたちばなが急に意外なことを言って、そこから先がおもしろかったです。「あの部屋のテーブルの上に、風変りな花瓶があっただろう。あれがつまり証拠さ」という謎めいた言葉が、終盤の1ページの驚きの真相に、繋がっていました……。ちょっとネタバレぎみですみません。
 

0000 - 火繩銃 江戸川乱歩

装画をクリックするか、ここから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)