おかめのはなし 小泉八雲

 今日は、小泉八雲の「おかめのはなし」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 この怪談ちょっとすごいんですよ。最初の話者なのか、それを物語にした小泉八雲の成果なのか、あるいは翻訳者の田部隆次が上手かったのか判らないんですけど、静謐な怪談になっているんです。小泉八雲の眼差しによって日本の夫婦と生死が描かれているんです。
 

0000 - おかめのはなし 小泉八雲

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)