体格検査 小酒井不木

 今日は、小酒井不木の「体格検査」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ある小説家が、藤岡といういっけん屈強に見える男と雑談をしていて、藤岡さんが陸軍学校を不合格になった顛末を語るという、短編です。「人間万事塞翁が馬」にかんして実体験的に語る藤岡なんですけれども、文中では「まったく世の中は、何が幸福になるかわかりません」と記しています。その軍隊には奇妙なルールというのがあって、それによって不採用となった。考えてみれば、採用されずに幸運だったように思います。異様なルールがあるからには、苦が増すルールも何処かに潜んでいる可能性も高い。冗談のように記していて、笑えるような、笑えないような、妙な短編でした。みじめなことがらがかえって幸運をもたらすとか、そういう方向性の、ちょっとした小話でした。
 

0000 - 体格検査 小酒井不木

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)