妻 横光利一

 今日は、横光利一の「妻」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 夫婦のなんだか朗らかな暮らしのなかで「私」は庭のカマキリの生態を観察していると、メスのカマキリが夫を食べてしまって、養分になってしまう。終盤の「私」の指摘を上品に読み説いた場合、どういった言いかえになるんだろうかと思いました。妻子を養えたら誰だって喜ぶ……。末尾のとくに意味を持たない、おだやかな会話の四行が、映画の結末でこれを目の当たりにしたら、なにか満足度が高いのではと思いました。
  

0000 - 妻 横光利一

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)