蜘蛛の糸 芥川龍之介

 今日は、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは天国のお釈迦様から見た、地獄の住人である犍陀多かんだたの、物語なんです。
 文体が美しく、犍陀多の過去とそれからを空想したくなる小説です。

縦書き文庫の装画

装画をクリックするか、こちらから全文をお読みください。 (使い方はこちら)