十八番料理集 宮本百合子

 今日は、宮本百合子の「十八番料理集」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは、第二次大戦が始まったころの1939年のエッセーなんです。日本はまだ食べることには困らない人が多かった、ように思いました。そばの実の殼を捨てずに料理に使ってみる話しがおもしろかったです。
 

0000 - 十八番料理集 宮本百合子

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)