おねずみおばさんのはなし ベアトリクス・ポッター

 今日は、ベアトリクス・ポッターの「おねずみおばさんのはなし」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは幼子が読むための童話で、大人といっしょに読む絵本なんだと思うんですけれども、大人になってから読んでみると、ベアトリクスポッターという作者の雰囲気と、ねずみらしいねずみの世界観が、ちょうど50対50くらいの半分ずつ入り混じっていて、そこが魅力になっているように思いました。うまいキャラクター造型で、すてきな童話に思いました。
 愛らしい性格なんですけれども、けっこう近くにいたら困ってしまうようなおせっかいなおばさんでもあるんです。
 このねずみのおばさんが、めいわくな隣人をはんぶんだけ受け入れるところが、みごとな対応に思いました。
  

0000 - おねずみおばさんのはなし ベアトリクス・ポッター

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)