おやゆび姫 アンデルセン

 今日は、アンデルセンの「おやゆび姫」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これがおそらくもっとも有名な、アンデルセンの童話なんだと思います。終盤で、姫につけられた羽根や、中盤のモグラの存在……と、不思議に奇妙な箇所があるんです。この「どうも分からない」ところがかえってこの童話を印象深くしているのでは、と思いました。
 動物の中ではツバメがいちばん数多く記されていてずいぶん良い仕事をしています。アンデルセンと同じ、おとぎばなしを語る仕事までしているんです。ツバメの喜怒哀楽がなんだかすてきでした。
 

0000 - おやゆび姫 アンデルセン

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)