きれいなきれいな町 小川未明

 今日は、小川未明の「きれいなきれいな町」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 小川未明と言えば、「赤い蝋燭と人魚」「電信柱と妙な男」など暗いテーマを描いてゆく童話がいくつかあって大人も読めるように思うのですが、今回のは純粋に児童だけのために記された童話になっています。小川未明は、昔話をこのように子どもたちに読んでもらいたかったのか、と思うようなシーンもありました。
 えっ? というような不思議な展開が印象に残りました。あとさいごの数行がちょっと面白い終わり方をしていて、これはもしかしたらつづきは読者の想像に委ねるようにこう、設定された童話なのかも、と思いました。
 

0000 - きれいなきれいな町 小川未明

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)