太陽と星の下 小川未明

 今日は、小川未明の「太陽と星の下」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 物語の序盤に美しい風景を描きだしていて、パウルクレーの透明な絵画みたような描写でした。動物を愛する少年の思いが描きだされます……。中期手塚治虫の創作の骨子には、この童話も重要なルーツのひとつとしてあったのではないか、と思いました。
 

0000 - 太陽と星の下 小川未明

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約20頁 ロード時間/約10秒)