電信柱と妙な男 小川未明

 今日は、小川未明の「電信柱と妙な男」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 小川未明というと、静謐な童話を書く、真面目な児童文学者だと思っていたんですけれども、読んでいると、これは、ふつうに笑わせたい、漫才師のように笑わせようということで作品を作った、ように思える作品がいくつかあります。コミカルな絵柄の絵本になっていたら、ふつうに面白い、童話だと思いました。ちょっとそういう楽しい挿画を作るのがヘタなのでアレなんですけど……。
 

縦書き文庫の装画

装画をクリックするか、こちらから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)