世界的 太宰治

 今日は、太宰治の「世界的」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 第二次大戦後の中国で、いちばん熱心に読まれた日本の作家は太宰治である、というはなしを聞いて、そうだったんだ、と思ったことがあります。太宰治は、戦時中からおそらく、世界文学というのをかなり志向していたのだなというのが分かる随筆でした。
 太宰治は聖書のことを語っています。そういえばユダのことも他の小説で書いていました。
 

0000 - 世界的 太宰治

装画をクリックするか、ここから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)