冬の山 木暮理太郎

 今日は、木暮理太郎の「冬の山」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 日本の文学の特徴に、旅の風景を描く作品があまたにある、というのがあると思うんですけど、これは旅の雑誌のための随筆です。木暮氏は登山家で、山の魅力を記しています。

0000 - 冬の山 木暮理太郎

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)