蕎麦の味と食い方問題 村井政善

 今日は、村井政善の「蕎麦の味と食い方問題」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 この本では、いろんな人が蕎麦の話しをしています。近代よりも現代のほうが、衣食住の質が上がったわけなんですけれども、食や住が不足しがちな近代では、かえって食に対するこだわりが色濃く、また問題も鮮明で、この時代の食の随筆を読むのがなんだか面白いように感じました。
 食通の作者によれば、柏原が信州で唯一、美味い蕎麦が食えた、のだそうです。ちょっと調べてみると一茶が愛した柏原蕎麦というのが今も長野にはあるようです。
 

0000 - 蕎麦の味と食い方問題 村井政善

装画をクリックするか、こちらから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)