食器は料理のきもの 北大路魯山人

 今日は、北大路魯山人の「食器は料理のきもの」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 北大路魯山人は文筆と陶芸を両方とも極めた作家で、今回は、魯山人が食器をつくりはじめた理由と、その始め方について記していました。陶芸はそもそも巨大な煙をはきだす窯が必要なわけで、豪勢な、仕事をした人だなあと思いました。
 

0000 - 食器は料理のきもの 北大路魯山人

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 
追記 本文とは関係が無いんですが、新しい仕事が相乗効果になる場合と、二兎を追う者は一兎をも得ずになる場合とで、いったいどうちがうんだろうかと、思いました。