晶子詩篇全集拾遺(78)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(78)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
「晶子詩篇全集拾遺」は今回で完結です。
 与謝野晶子の最晩年の心境が詩になっています。老いてからふたたび近代文学を読むようになったおばあさんのことを思い出しました。
「一切の過去は切るべき」という与謝野晶子の最後まで批評性を失わない詩と思想が印象に残りました。
quomark03 - 晶子詩篇全集拾遺(78)
 何ごとも昔はむかし、
今は今、未来のみこそ、
はかりえぬ光なりけれ。quomark end - 晶子詩篇全集拾遺(78)
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(78)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)