論語物語(17) 下村湖人

 今日は、下村湖人の「論語物語」その17を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ダンテ・アリギエーリが『神曲 地獄篇・煉獄篇・天堂篇』という偉大な作品を記す少し前に、ダンテは政治の仕事でひどいめにあって、故郷を追放されてしまったんです。
 孔子の人生には故郷を去って、長い放浪の旅に出るシーンがあるんです。元居たところから去ってゆく、というのが文学や哲学の著名なところで印象的に存在しているように思います。wikipediaにはこう書いていました。
quomark03 - 論語物語(17) 下村湖人
 政争に敗れてフィレンツェを追放されたダンテは、北イタリアの各都市を流浪し、政局の転変を画していた。その中で方針の違いから白党の同志とも袂を分かち、「一人一党」を掲げる。この体験はダンテにとって非常に辛いものであり、『神曲』中にも、「他人のパンのいかに苦いかを知るだろう」、と予言の形をとって記されている。ダンテの執筆活動はこの時から本格的に始まり、『神曲』や『饗宴』、『俗語論』、『帝政論』などを著していった。quomark end - 論語物語(17) 下村湖人
 
 孔子の場合は「故郷をあとに、永い漂浪の旅に出たのは、五十六の歳であった」と記されています。そしてまずは「衞」の国を訪れた。下村湖人は、この時の孔子の状況と心情をこう書いています。
quomark03 - 論語物語(17) 下村湖人
 孔子は、待遇よりも自分の政治的信念を実現する機会が得たかったので、一縷の希望をつないで、しずかにその時の到るのを待つことにした。
 こうした場合、彼の心にぴったりするものは、何といっても音楽であった。彼はしばしば詩を吟じ、しつを弾じ、けいを撃った。quomark end - 論語物語(17) 下村湖人
 
 磬という楽器の演奏は、youtubeで聞けて、こういうものなんです。
 ここで奇妙な隠者が現れる。孔子の磬の音色から、かれの心情を考察している。下村湖人の見立てではこういう発言になっています。
quomark03 - 論語物語(17) 下村湖人
  自分を知ってくれる者がなけりゃ、あっさりすっこんでいりゃいいのに、方々うろつき廻ってさ。ふッふッふッ、時勢を知らないのにも程があるよquomark end - 論語物語(17) 下村湖人
 
 ぼくは十年くらい前に文学賞とかに何回か落選して、それでもまだ仮作すること自体に興味があって、年に1回くらい話しを書いているんですけど、たぶんネットで文学作品を調べている人には、習作をやっている人が多くて、ちょっと調べてみると、大きな文学賞には必ず一千人が常時応募しているし、ほんの一年間で三千作品くらいが落選しているわけで、その作者はまあ数千人以上はつねに居るんですけど、たいていの人はなんども作品をつくって落選している、引っ込みはつかない感じの人も多いんだと思います。記録では七十歳を超えてからメジャーな文芸誌に初登場した人も居るわけですし。
 新人賞に応募している人の中には、手芸をちょっと習ってみる感じで気軽にやっている人も居るでしょうし、ダンテみたいに絶望の淵に立って大作をものにしようという人も居る可能性があるわけで、ぼくの場合は物語空間が生成されること自体になんだか興味がうつっていて、作品が完結してしまうともう使い道がなくなってしまって終わる感じで、習作を無意味に続けているんです。紙に印刷されて自分の書いた文章が図書館に収蔵されたりしたときは嬉しかったですけど、かといってそれが実現しても、実力や話題性があるわけでもないので、その先にとくに広がりもなく、けっきょくはネットで文学を読むサイトを運営しているだけ、という感じなんです。
 孔子は、弟子たちからは非常に期待をされて、千年後二千年後の時代にまで深い影響を与えた思想家ですけど、政治家としての孔子は不遇だったようです。この不遇な面が、凡人の自分としては理解しやすいというか、勉強になりやすいところであるように思いました。
 自分が他人から認められないから、孔子は憂うということでは無いわけで、孔子はこう考えます。
quomark03 - 論語物語(17) 下村湖人
 一身を潔くするというだけのことなら、大して難かしいことではない。難かしいのは天下と共に潔くなることじゃquomark end - 論語物語(17) 下村湖人
  

0000 - 論語物語(17) 下村湖人

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
★『論語物語』をはじめから最後まですべて読む(※大容量で重いです)
『論語』はこちら(※論語の原文に近い日本語訳です)