ゲーテ詩集(22)

 今日は「ゲーテ詩集」その22を公開します。縦書き表示で読めますよ。
 ふつう文学というと、権力に対して批判的なものが多いと思うんですが、ゲーテは権力者の仕事もしていて、影響力のある政治家が市民を説得するような話法というのが、今回の詩にはあらわれているように思いました。
 もうひとつの詩では、ギリシャ神話のエンデュミオーン(エンディミオン)が記されます。エンデュミオーンはセレーネーと結ばれて、ナルキッソスが生まれます……。
 

0000 - ゲーテ詩集(22)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 
全文を読むにはこちらをクリックしてください