晶子詩篇全集拾遺(10)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(10)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 与謝野晶子は、こんかい「みにくき」という言葉を「麗しき」という一文と絡めてみごとに使っていて、言葉の不思議な作用と反作用があってすてきな詩になっていました。暗い言葉をこのように使いこなすのかと、驚きながら読みました。
 むつかしい言葉を調べてみました
 くだかけ  たもとほる
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(10)

装画をクリックするか、こちらから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)