晶子詩篇全集拾遺(11)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(11)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 作中に記された「はやしごと」という言葉を調べてみると、日本国語大辞典には「うたを歌ったり鳴物を鳴らしたりして興を添えるわざ。ふしをつけておもしろく言いたてること。はやし。はやしもの。」とかいていました。はやしたてる、というような意味で使っているようです。
 奇妙なことばを調べてみました。
 おしゅうさま
 

縦書き文庫の装画

装画をクリックするか、こちらから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)