春と修羅 宮沢賢治

 今日は、宮沢賢治の「春と修羅」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 賢治の「春と修羅」を通覧して読んでみると、農場の描写が、もっとも印象に残りました。賢治は農業と地続きになっている自然界のことを考えていて文学を作った、ように思いました。
 

縦書き文庫の装画

装画をクリックするか、こちらから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

注文の多い料理店 宮沢賢治

 今日は、宮沢賢治の「注文の多い料理店」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 宮沢賢治の本や絵本は、真面目なところに置いてあるので、僕は長らく気が付かなかったのですけれど、この作品はユーモア小説として読めるところがたぶんにあるように思いました。ベルクソンの「笑い」の哲学を連想しました。
 

縦書き文庫の装画

装画をクリックするか、こちらから全文をお読みください。 (使い方はこちら)