与謝野晶子詩歌集

2018/12/16

与謝野晶子詩歌集2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  春が来た 
 
春が来た。 
せまい庭にも日があたり、 
張物板はりものいた紅絹もみのきれ、 
立つ陽炎かげろふも身をそそる。 
 
春が来た。 
亜鉛とたんの屋根に、ちよちよと、 
妻にこがれてまんまろな 
ふくらすゞめもよいかたち。 
 
春が来た。 
遠い旅路の良人をつとから 
使つかひに来たか、見に来たか、 
わたしを泣かせにだ来たか。 
 
春が来た。 
朝のスウプにきりきざむ 
ふきたうにも春が来た、 
青いうれしい春が来た。 
 
 
 
 
 
 
 
  二月の街 
 
春よ春、 
街に来てゐる春よ春、 
横顔さへもなぜ見せぬ。 
 
春よ春、 
うすぎぬすらもはおらずに 
二月の肌ををしむのか。 
 
早くせ、 
あの大川おほかはに紫を、 
其処そこの並木にうすべにを。 
 
春よ春、 
そなたの肌のぬくもりを 
微風そよかぜとしてのきに置け。 
 
その手には 
屹度きつとみつ薔薇ばらの夢、 
ちゝのやうなる雨の糸。 
 
おもふさへ 
しや、そなたの贈り物、 
そして恋する赤い時。 
 
春よ春、 
おお、横顔をちらと見た。 
緑の雪が散りかかる。