河童小僧 岡本綺堂

2019/02/05

河童小僧
岡本綺堂
 
 

 頃は安政の末、内藤家(延岡藩)の江戸やしきに福島金吾という武士があった、この男、剣術柔術が得意で、随って気象も逞しい人物で、凡そ世の中に怖い物無しと誇っていたが、或時測らず一種の妖怪に出逢って、なるほど世には不思議もあるものだと流石さすがに舌を巻いたと云う。即ち五月さつきの初旬、所謂る降りみ降らずみ五月雨の晴間なきゆうべ、所用あって赤阪辺まで出向き、その帰途かえり葵阪あおいざかへ差掛ると、生憎に雨は烈しくなった。
 当時の人は御存知あるまいが、その頃は葵阪のドンドンと云っては有名なもので、の溜池の流れを引いて漲り落つる水勢すさまじく、即ちドンドンと水音高く、滝なすばかりに渦巻いて流れ落つる水が、この頃の五月雨に水嵩増して、ドンドンドウドウと鳴る音物すごく、して大雨の夜であるから、水の音と雨の音の外には物の音も聞えず、往来ゆききも絶えたるいぬの刻頃、一寸先も見え分かぬ闇を辿って、右のドンドンのほとりへ差掛ると、自分より二三間先に小さな人が歩いて行く。で、自分は足早に追付いて、提灯をかざしてよくると、年のころは十三四の小僧が、この大雨に傘も持たず下駄も穿かず、直湿ひたぬれに湿れたる両袖を掻合せて、跣足はだしのままでぴたぴたと行く姿、いかにも哀れに見えるので、オイオイお前は何処どこへ行くと脊後うしろから声をかけたが、小僧は見向きもせず返事もせず、矢はり俯向きしまま湿れて行く、此方こなたれて、オイオイ小僧、何処へ往くのか知らぬが、降雨ふるのに尻も端折らずに跣足はだしで歩く奴があるものか、身軽にして威勢好く歩けと、近寄って声を掛けたが、この小僧やはり何とも云わぬ。唖か聾耳か、さりとは不思議な奴、兎も角もそんな体裁だらしない風をして雨の中を歩く奴があるものか、待て待て、俺が始末をして遣ると、背後から手を伸して後褄うしろづまを引あげ、裳をクルリと捲る途端にピカリ、はッと思って目を据えると、驚くべし、小僧の尻の左右に金銀の大きな眼があって、爛々として我を睨むが如くに輝いているから、一時は思わず悸然ぎょっとしたが、流石さすがは平生から武芸自慢の男、この化物と、矢庭に右手めてに持ったる提灯を投げ捨てて、小僧の襟髪掴んで曳とばかりに投出すと、かたえのドンドンの中へ真逆まっさかさまに転げ墜ちて、ザンブと響く水音、続いて聞ゆるはカカカカと云うような、怪しい物凄い笑い声、提灯は消えて真の闇。
 おのれ化物、再び姿を現わさば真二つと、刀の柄に手をかけて霎時しばしの間、くらき水中を睨み詰めていたが、ただ渦巻落つる水の音のみで、その後は更に音の沙汰もない。ええ忌々いまいましい奴だと呟きながら、その夜はそのままにやしきへ帰ったが、さてく能く考えて見ると、あれが果して妖怪であろうか、万一我が驚愕おどろき憤怒いかりの余りに、碌々にの正体も認めず、※(「二点しんにょう+(山/而)」、第4水準2-89-92)はやまって真実まことの人間を投込んだのではあるまいかと、半信半疑でその夜を明し、翌朝念の為に再びのドンドンへ往って見ると、昨夜ゆうべに変らぬは水の音のみで、更に人らしい者の姿も見えぬ、猶念の為に他の人々にも聞合せ、流れの末をもれぞれ取調べたが、小僧は愚か、犬の死骸さえ流れ寄ったと云う噂も聞えぬ。で、若し真実まことの人間とすれば、右の如き大雨と云い夜中と云い、ことのドンドンの如き急流の深淵ふかみに於て、とても無事に浮び上れよう筈も無し、さりとてその死体の見当らぬも不思議、正しく彼の小僧は河童であろう、イヤかわうそであろうと、知る者いずれも云い伝えて、その当分は夜に入ってのドンドンのほとりを通る者もない位で、葵阪のドンドンには河童が住むという評判さかんであったが、その後別に怪しい噂も無かったのを見れば、河童小僧、飛んだ目に逢って懲々こりごりしたのであろうか、兎にかくその小僧の尻に金銀の眼が光っていた事は、福島金吾確かに見とどけたと云う事。
 因みに記すも古めかしいが、右の溜池界隈には猶一種の怪談があって、これもいささか前の内藤家に関係があるから、あわせてここにお噺し申そう、慶応三年の春も暮れて、山王山の桜も散尽くした頃の事で、の溜池の畔に夜な夜な怪しい影がボンヤリと現われる。もっとも其頃そのころの溜池は中々広いもので、維新後に埋められて狭くなり、更に埋められて当時の如く町家立ち続く繁華の地となったが、慶応頃の溜池は深く広く、その末のドンドンには前記の如く河童小僧さえ住むと云う位、其の向う岸即ち内藤家のやしきの裏手に当って、影とも分かず煙とも分かぬ朦朧たる物が、薄墨の絵の如くに茫として立迷っているのを、通行人が認めて不思議不思議と云い囃す、の評判を同邸の家中の者が聞伝えて、試みに赤坂の方へ廻って見渡すと、何さま人の噂に違わず、影か幻か朦朧たる物が水の上に立っていて、の形さながら人の如くであるから、いずれも唯だ不思議だ奇怪だと云うのみであったが、念の為に小舟を漕ぎ出してその影のあたりに近づいて見ると影は消えて何にもない、さてもとの岸へ帰って見ると、彼の影は依然として水の上に迷っている、これは恐らく水中に何物か沈んでいるのではあるまいかと、一同協議の上で、そのあくる朝更に小舟を漕ぎ出し、夜な夜な影の迷うあたり其処そこ此処ここかと棹で探ると、緑伸びたる芦の根に何か触る物がある、さてはと一同立騒いで直ちにれを引きあげると、思いきやれは年頃二十三四とも見ゆる町人風の男で、荒縄を以て手足をひし々と縛られたまま投込まれたものと覚しく、色は蒼ざめ髪は乱れ、二目と見られぬ無残の体で、入水後已に幾日を経たのであろう、全身腐乱しての臭気夥多おびただしい、一同アッと顔見わせたが兎も角もその死体をき上げ、上にその次第を届けでて、それぞれ詮議に手をつくしたが、この男は何者とも分らず、随っての死因も分らず、いわんやの下手人も分らず、詮議もついそれなりけりに済んで了ったとは、なんぼう哀れなる物語。で、の怪しい人かげは、正しくの水死者の幽魂が夜な夜な形を現わして、未来の救護すくいを乞うたのであろうと云う噂で、これを思えば死者に霊無しとも云われまいと、現在その死体を引きあげた一人の昔噺。世にはかかる不可思議の事もあるものか。

(『文藝倶楽部』02年5月号)
*〈日本妖怪実譚〉より。署名は「不語堂」使用。

 
 
 

 
       
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 底本:「文藝別冊[総特集]岡本綺堂」河出書房新社
   2004(平成16)年1月30日発行
初出:「文藝倶楽部」
   1902(明治35)年5月号
※初出時の署名は「不語堂」です。
入力:hongming
校正:noriko saito
2004年7月15日作成
2013年8月11日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。