死んだ魂 エマ・ゴオルドマン

 今日は、エマ・ゴオルドマンの「死んだ魂」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは……リトアニア生まれのアメリカ人であるエマ・ゴールドマンが記した実話物語です。
 ウクライナとロシアを4ヶ月間も旅し、子どもの餓えと託児所の実情を観察してきた「私」が、飢える母子を描きだしたのがこの作品です。
 ニコライゴーゴリの描いた「権力者と詐欺師たち」という登場人物に着想を得てエマゴールドマンが描いた、寄宿舎の問題を記したもので、本作では、存在しない人間たちのことを「死んだ魂」と呼び、このリストによって賄賂の総量をふやして、多くのお金や食料を奪っている人々が居る、という状況が記されています。
 一九二二年のロシアの学校にいる子どもたちは飢えて困っている。なぜ困っているかというと、これを搾取している構造があるからで、共産主義の闇が記されてゆきます。
 階級制度がひどい世界では、現場での悪事が隠蔽されてしまって世間に広く伝えられることが無く、弱い立場の人たちだけが苦を受けつづけてしまう。不正の告発があっても「大げさなことを言うな」とか「作り話を信じるな」とか言われてしまう。これは、作家の伊藤野枝が翻訳し、大飢饉が起きる10年前のことを記した本なんですが、歴史的な事態を読み解いた短編だと、思いました。
 アナーキストのエマゴールドマンは「死んだ魂」の周辺で起きている悪徳に抗う力を求め、ここに警句を記しているのでした。
 

0000 - 死んだ魂 エマ・ゴオルドマン

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 
ニコライ・ゴーゴリの「死せる魂」の要約版を作ってみました。本文からゴーゴリの名作を全文読むことも出来ます。
  

0000 - 死んだ魂 エマ・ゴオルドマン

 

黒猫 エドガー・アラン・ポー

 今日は、エドガー・アラン・ポーの「黒猫」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 純文学小説と怪奇物とが入り混じったようなポーの「黒猫」を再読してみました。聖者が殺人犯の告白を聞いてこれを小説に書いたらこうなるのではないか、というような文学作品に思いました。怪奇趣味だけで読むこともできるし、文豪の名作を鑑賞する目的で読むこともできる両義的な物語だと、思いました。
 再読してみると、要点と無関係な枝葉の部分があまたにあって、これが妙に印象に残るのでした。「私」はじつは兎や犬や子猿を飼っていたし、二匹目の「黒猫」には白い毛があまたに生えている……。
「中世紀の僧侶そうりょたちが彼らの犠牲者を壁に塗りこんだと伝えられているように」、「私」は壁の中に重大なものを塗りこんでしまった。
 佐々木直次郎の翻訳文が美しく、読み応えのある小説に思いました。
  

0000 - 黒猫 エドガー・アラン・ポー

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 

清心庵 泉鏡花

 今日は、泉鏡花の「清心庵」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 格調高い日本文学と言えばこの泉鏡花の名作群だと思うんですが、今回はとくに序盤の数頁が難読で、事情もなにもよく分からず、謎めいたまま、山奥の尼寺である清心庵でのできごとが描きだされます。松茸、しめじやまいたけや、あるいは赤赤とした毒蕈があたまにとれる、苔と露におおわれ尽くした山深いところにある尼寺に、謎めいている「うつくしい女衆」がひっそりとやって来ます。彼女たちは貴い人をのせるための空籠をかかえている。いったいなぜまた、こんな山奥に、空っぽの大きな籠をかついで、やって来たのか。その籠にはいったい誰が乗るのか……。
 尼寺にはおもに四人が暮らしています。山番をしているおじいさん。それから「摩耶」という名前の三十いくつの美女で「御新造さん」とも言われている富豪の奥さん。ほぼ未成年の十八歳くらいでまだ幼い少年である「お千ちゃん」。ご高齢の「尼様の、清心様」。この四人が登場人物で、「摩耶」を迎えに来た女衆がここに高貴な空籠を抱えてやって来ます。
 清心様のお寺での出来事なんですが、この尼様が、物語中はずっと不在なんです。どうして肝心なときに、ふっと出かけてしまったのか……。
 神秘的な山の物語で、茸の毒と、水の清涼さの対比が印象に残る物語でした。作家の中島敦が、泉鏡花の作品を絶賛するのも得心がゆく、文学作品でした。
 

0000 - 清心庵 泉鏡花

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
  
追記  ここからはネタバレなので、近日中に読み終える予定の方はご注意ください。じつは尼寺に、十歳なのか十八歳なのかよくわからないようなお千ちゃんという男がいる。尼寺にお邪魔していた「摩耶」という奥様をたぶらかして、このお千ちゃんと摩耶の男女が二人で、尼寺に長らく暮らしてしまっている、のではないかという妙な噂があることが中盤になって明らかになります。
 清心様はいったいなにを思って、この二人の男女を尼寺で二人きりで暮らさせてしまったのか。これには理由があって、お千ちゃんはじつは、九歳くらいの幼いころに、亡き母に連れられて、この清心庵を訪れているんです。とうじ母はたいそう困っていて、清心庵の尼様に悩みごとを相談しに来ていた。清心さまも心を込めてこの相談に乗っていたのですが、あまりに暗い打ち明け話につい怖気だってしまったのか、この母子の帰り際に、大きな声で「おお、寒寒しい」と言ってしまった。これを聞いて山路を帰っていった千ちゃんの母は、運悪く山奥で行き倒れとなってしまった。
 千ちゃんは、母の面影を求めて、十年経ってこの清心庵を再び訪れたのです。すると清心様は、こんどこそ無碍に追いはらうわけにもゆかない、この子の母を殺してしまったのは自分だろうということで、このかわいそうな千ちゃんを、母に似た「摩耶」という婦人と一緒に、尼寺に居させてあげて、そのまま尼様は尼寺からお出かけ遊ばされてしまったので、ありました。
 摩耶は、慈悲かあるいは母性によって、この千ちゃんを可愛がってしまって、食べさせてあげている。尼さんになるつもりもないのに、尼寺に住みついてしまった……。さいごの、高貴な空籠に人が居ないところと、女の美しい笑顔の描写、草叢、月明かり、夢のような女人の姿の美しさに戦慄をおぼえる、みごとな明治の文学でした。動画サイトに本作のAI音声朗読があって、これは読みすすめやすかったです。
ところで、摩耶というのは、ブッダの生母のことで、泉鏡花はこの摩耶夫人像をずっとたいせつにして信仰しつづけたそうです。

  

いのちの初夜 北条民雄

 今日は、北条民雄の「いのちの初夜」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 子どものころに感動した本を、大人になってから再読するのは緊張するんですが、本作は読みやすい文体で構成された、児童文学としても愛読されうる作品に思いました。
 病者仲間の手にしている義眼の描写がみごとで魅入られました。北条民雄にとっての文学は、この義眼や松葉杖のような存在だったのでは、と思いました。序盤で自死と生と木々のことについて書くのですが、これは聖書の死生観の影響も色濃いのでは、と思ったのですが、作者の北条民雄はヨブ記を愛読していて、この物語との共通項があるように思いました。中盤から後半にかけて苦悶の描写が展開されて凄絶な心情が記されてゆき、そこから闘病記に閉塞せずに、いのちの詩と生命論に進んでゆくのがもの凄い作品に思いました。病の体験と、聖書のヨブの文学性が混交したような独特な文学でした。これは発表当時から文学界でも広く読まれた作品なんです。若いころに病で苦しんだ現実の記憶と、この本に描かれた文学上の記憶が、心中で入り混じってゆくという読書体験をした、1936年ごろの読者は多かったのでは、と思いました。 「いのちの初夜」という言葉は、師の川端康成に添削してもらってつけた題名なんだそうです。
  

0000 - いのちの初夜 北条民雄

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 

夢と人生 原民喜

 今日は、原民喜の「夢と人生」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 原民喜は被爆後しばらくのあいだ東京に暮らしていました。若いころ千葉県立船橋中学校で英語の教師をしていて、そのころの平和な日々のことを歩きながら回想しています。原子爆弾と死について記して、この被害を受けなかった妻のことを繰り返し、夢の場面と重ね合わせて描きだしていました。美しい文体が印象に残りました。本文こうです。
quomark03 - 夢と人生 原民喜
  急に湿気を含んだ風が草の葉を靡かすと、樹木の上を雲が走って、陽は翳って行った。すると光を喪った叢の翳にキリストの磔刑の図を見るような気がした。ふと、植物園の低い柵の向に麦畑のうねりや白い路が見えた。と、その黒い垣が忽ち僕を束縛している枠のようにおもえるのだった。quomark end - 夢と人生 原民喜
 
 今回、原民喜はボッティチェッリの「春」に描きだされた美しい顔と、自己の記憶に対する違和感について記しています。夏目漱石も「草枕」でモチーフとした「オフィーリア」の絵画世界も描きだされていました。

0000 - 夢と人生 原民喜

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 
  

筧の話 梶井基次郎

 今日は、梶井基次郎の「筧の話」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 梶井基次郎は「檸檬」がおすすめなんです。今回も代表作と似た構成で、「私」が散歩をしていて、その風景画を記しているんです。
 筧というのは、地べたより高いところにかけられた古い水道のことです。とにかく描写が静謐で、美しい風景が描かれます。本文こうです。
quomark03 - 筧の話 梶井基次郎
  香もなく花も貧しいのぎらんがそのところどころに生えているばかりで、杉の根方はどこも暗く湿っぽかった。そして筧といえばやはりあたりと一帯の古び朽ちたものをその間に横たえている……quomark end - 筧の話 梶井基次郎
 
 この描写で終わらずに、自己の感覚を描きだします。「澄みとおった水音にしばらく耳を傾けていると、聴覚と視覚との統一はすぐばらばらになってしまって、変な錯誤の感じとともに、いぶかしい魅惑が私の心を充たして来る」
 見えない水音が「私」を果てしなく魅了してゆく、そのあと筧から水が涸れ果てて、麻薬の切れた患者のように「暗鬱な」「絶望」にひたってゆく「私」が描きだされます。グレン・グールドの「フーガの技法」の演奏を彷彿とさせるような、蠱惑的な小説でした。
  

0000 - 筧の話 梶井基次郎

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)