学問のすすめ(10)福沢諭吉

 今日は、福沢諭吉の「学問のすすめ」その10を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
第10章では、前回までの「学問のすすめ」をまとめておさらいしていて「衣食ができるようになる、というところだけで満足せずに、高遠な目標をもって、交際を盛んにして、世界の進展に貢献する学を身につける」ということが重大と、書いていました。学問にもいろいろあって、飯を炊いたり風呂を清潔に保つのも学問である。ただ、世界全体の経国を改善してゆくといった学問のほうが難しく重要な学問である。近代や現代の学者は、難しいことをやらずに安っぽいことをしがちである、という福沢諭吉の指摘なのでした。学んだことは現実に実践してみよ、と書いていました。また、優れた学生が貧しさによって学が断たれることがないよう、良い環境を与え、学を実践に移せるようにすればもっとも良い投資となるので、経済的な配慮をするように、という記載がありました。
 自由や独立を重んじるなら、同時に義務を果たさなければならない、共同体そのものが自由と独立を得られるだけの環境を持てるように、みなで力を尽くすという義務がある、という話しが書かれています。
 福沢は軍事について、こう書くんです。日本の「文明はその名あれどもいまだその実を見ず、外の形は備われども内の精神はむなし。今のわが海陸軍をもって西洋諸国の兵と戦うべきや、けっして戦うべからず」近代日本の知を代表する福沢諭吉の教えを壊してまで半世紀後に真珠湾で米国に宣戦布告してしまった経緯は、いったいどういうものだったのだろうかと思いました。
 それから、鎖国を辞めたばかりで、まだ国際交流に慣れてない日本のことをこう描いています。「もとより数百年来の鎖国を開きて、とみに文明の人に交わることなれば、その状あたかも火をもって水に接するがごとく」あと農業や産業の自給自足の重要性についても書いています。
「この国に欠くべからざるの事業は、人々の所長によりて今より研究」を盛んにし、学者はこの研究に勤しむべし、と書いていました。
 学問して、自力で独り立ちして環境を改善してゆく、ということを説いていて、飲酒や放蕩を減らして学びに向かう、それには学問と生計の両輪を手にすることが重大で、これは先祖の資産をもらって食うだけの人々にたいしての警句であって、優れた学者にたいする発言ではない、と福沢は書いていました。次回に続きます。
 

0000 - 学問のすすめ(10)福沢諭吉

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約3秒)
 
★ 『学問のすすめ』第一編(初編)から第一七編まで全文を通読する
 

蟲 江戸川乱歩

 今日は、江戸川乱歩の「蟲」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 人嫌いが極まりすぎて隠棲した柾木愛造と、その幼なじみだった女優の木下芙蓉、この2人の物語なんです。サロメを演じる人気女優の木下芙蓉が、じつは柾木愛造の幼いころの女友だちであったことが判明して、この2人が再会することから、奇妙な物語が始まります。
 柾木愛造は幼いころから他人が嫌いで、いつもいじめられていて泣きそうになっていた。彼が唯一恋したのはこの、同い年の木下芙蓉という幼い少女だった。彼女の使っていた、小さくなりすぎた鉛筆を盗んで、宝物としてだいじにしていた、という記憶がよみがえります。池内という男が引き合わせた、この2人の再会は柾木愛造にとって夢のようなひとときだった。ギュスターブ・モローの描きだしたサロメの『出現』という絵画を彷彿とさせる、異様な小説でした。江戸川乱歩の怪奇性が好きな人にとっては、最高傑作と言っても良いくらいの不気味な描写がてんこ盛りでした。
 本作は中盤から、ずいぶん妙な話になるんです。ここからはネタバレなので、近日中に『蟲』を読む予定の方は本文を先に読んだほうが良いかと思います。
 序盤の第三章で、どうも柾木愛造が女優につきまとって事件を起こしてしまったらしい、ということが記されます。どういうことなのか、ということが語られてゆきます。
 どうも池内は、恋仲である木下芙蓉の晴れ晴れしい姿を紹介して、旧友の柾木愛造を羨ましがらせて、からかってやろうとしていたんですが、これが事件に繋がってしまった。事件の真相はどういうものだったのか、というのが徐々に明らかになってゆきます。
 木下芙蓉と柾木愛造の関係は、ここ半年くらいひとつも生じていなかったはずだったんですが、柾木は、池内と木下芙蓉が愛しあっていることに嫉妬して、一方的に憎悪と執心を募らせてしまっていた。そのあと柾木が木下芙蓉を尾行しつづけてしまったのが不味かったんです。付け回して盗み見をしても、負の事態しか生じないのに、これが辞められなくなってしまった。
 彼は犯罪の計画のために、まず自動車の運転を訓練しはじめ、事件の後処理をするための準備を調えた。後半からは、彼の犯罪心理と犯行が克明に記されてゆくのでした。高等な遊民であったはずの柾木愛造の、逮捕されて禁固刑に処されたほうがましなくらい、悩ましく悍ましい日々が綴られてゆくので、ありました。作中に、蟲、という文字が51回も記される、奇怪な小説でした。
  

0000 - 蟲 江戸川乱歩

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
  
追記  AIの人工音声で、伏せ字や黒塗りだらけの怪奇小説を読みすすめると、なんとも異様な読後感になりました。柾木愛造と木下芙蓉は蛆に集られて哀れにも朽ち果てるのでした……。

詩とはなにか 山之口貘

 今日は、山之口貘の「詩とはなにか」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 詩人が「詩とはなにか」ということについて論じている随筆で、山之口貘はこう書いていました。「ぼくは常々、詩を求めるこころは、バランスを求めるこころであるとおもっている」「いたければさすりたくなるこころのようなものだ」
 ここから詩と随筆を入り混じらせたものを記しています。「僕と称する人間がばたついて生きてゐる」という詩の言葉が印象に残りました。自身が探り当てたり発見したものが詩になるので、教えられたり技法どおりに作って、詩が書けるわけではない、それが山之口貘にとっての詩なのでした。後半で山之口はこう記していました。「ぼくは、書くということ、それは、生きるということの同義語のようなものではないかとおもうわけである。」
 wikipediaの「詩」のページにどうやっても書きえなかったことが山之口にとっての詩で、両者を並べて読んでみると、言語のもっとも不思議なところが立ち現れてくるように思いました。
  

0000 - 詩とはなにか 山之口貘

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 

ゲーテ詩集(62)

 今日は「ゲーテ詩集」その62を配信します。縦書き表示で読めますよ。
 今回のゲーテの詩は『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』に登場したミニヨンという女性が主人公の詩で、これは有名な詩なんだと思います。
 作中で、霧に隠された洞窟と、老いた竜というのが記されていて『ファウスト』中盤でも繰り返し描かれた、神話的な表現がありました。
quomark03 - ゲーテ詩集(62)
 ねえ、いとしいお方、わたしはあなたと参りませう
あの雲に聳えた山路を御存知ですか?
驢馬は霧の中に路を求めて行き
洞窟ほらあなの中には年とつた竜が棲まつてゐて
くづれ落ちた岩の上に波のうち寄せる
あの路を御存知ですか?
………quomark end - ゲーテ詩集(62)
 

0000 - ゲーテ詩集(62)

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約3秒)
  
全文を読むにはこちらをクリック
   

実語教

 今日は、「実語教」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 実語教は平安のころに書かれ、江戸時代の寺子屋で読まれていた、子どものための道徳の本で、修身について書いてあります。孔子や経書の教えを要約した本が、実語教なんだそうです。ぼくはこれを読むのは3回目で、初回は漢文の書き下し文でむずかしそうに思えるんですが、内容は優しくて分かりやすいものになっています。繰り返し記されているのは、財宝は消え去ることがあっても、学びは消え去ることが無い、という教えでこれが本文に5回くらい書かれているんです。
「山高きがゆえたっとからず。木るをもってて貴しとす」という一文がなんだか妙に記憶に残りました。
 「悪を見たら、すぐさま去れ」という教えも書いてありました。八正道や三学などの仏教の教えも少し記されています。江戸時代には、いちばんはじめに書を学ぶ時にこれをまず読んだそうです。裕福になっても貧しい環境について忘れることの無いように注意しなさい、と書いていました。いちばんはじめの学びを忘れてはならない、と記されていました。憂いあるときは共に憂い「他人のよろこびを聞いては、即ち自ら共によろこぶべし。」というのが印象に残りました。
   

0000 - 実語教

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 

食慾 豊島与志雄

 今日は、豊島与志雄の「食慾」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
  この小説の舞台になっている火山は、今の日本ではちょっと存在していないかと思うんです。登山者がハイキングのついでに観光できて、火口を目の当たりにできるような、場所です。活火山の溶岩を見つめながら「私」は野口とのこれまでの結婚生活や「木村さん」のことについて考えるのでした。「私」と、その夫の「野口」と、「木村さん」の三角関係が描きだされます。
 

0000 - 食慾 豊島与志雄

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 
追記 夫である野口の欲深さや生臭い匂いを嫌う「私」は、食欲を失ったような生きかたをしていたんですが、噴火口に魅入られた木村さんとの交流を通して、ある変化が生まれます。野口を裏切って「木村さん」と結ばれる未来について夢想し、2人でその可能性について語りあい、「私」は「ただ白痴のような微笑を浮べて」しまうのでした……。