二人の友 森鴎外

 今日は、森鴎外の「二人の友」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 明治時代に、ドイツ留学をしてドイツ語を学んでいた「私」と、ドイツ語に堪能な「F君」と、ドイツ哲学を読解したい僧侶の「安国寺さん」の物語です。
 森鴎外にそっくりな「私」が小倉時代に出会った、2人の友のことを記した小説です。小倉に赴任していた数年間と、そのご東京に帰った数年を描いています。
 F君はお金に無頓着で、ドイツ語の研究は日本随一なくらい優れていて、ドイツ語をさらに学ぶために「私」にドイツ語を個人教授してもらおうと、無一文で小倉にまで押しかけてきた。
 「私」はこの青年をおもしろく思って、彼にドイツ語教師の仕事をやってもらうように手配し、近くの宿に泊まれるようにしてやった。ドイツ語の話しで盛りあがって、何日も交流していたところ、F君はどうも異性交遊をしたことが無く、学問にだけ夢中になっていることが分かってきた。
 F君は、語法をむずかしく教えるので、生徒はみな参ってしまう。このF君からもドイツ語を学んでいた僧侶の安国寺さんは、かなり苦悶してドイツ哲学を読解していた。
 芸者の女性の口説き文句の嘘を真に受けたりしているドイツ語教師のF君が、数年たってから女学生と親しくなった。本文こうです。「F君は女学生と秘密に好い中になっていたが、とうとう人に隠されぬ状況になったので、正式に結婚しようとした」ところが、四国の親ごさんがこれを認めない。しかたが無いので、友人で生徒さんでもある僧侶の安国寺さんに相談して、親御さんを説得してもらうことになった。
「安国寺さんを縁談の使者に立てたとすると、F君はお大名だな」と私は言うのでした。本文こうです。
「無遠慮な Egoist たるF君と、学徳があって世情にうとく、赤子の心を持っている安国寺さんとの間でなくては、そう云うことは成り立たぬと思ったのである。」
 二人とも、人生は順調に進んで、もともとの仕事を続けていった。学問は終わりなくずっとやるもんなんだ、というのが見えてくる、小説でした。
 森鴎外は前期作品と後期作品の間に十数年間ほどの休止期間があるんですが、その期間に起きた出来事を書いているように思いました。
  

0000 - 二人の友 森鴎外

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 

学問のすすめ(16)福沢諭吉

 今日は、福沢諭吉の「学問のすすめ」その16を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回は、独立するということについて論じていました。物質上の独立と、精神上の独立の2つがある、とまず記しています。欲望によってじぶんの本心に背く事態に至ってしまうことを「精神上の独立」の失敗として考えているのが、福沢諭吉の独特な論法に思いました。
 過度に酒を飲んで心身に損失を出してしまうことも、物質から支配を受けてしまったということである、というように書いています。大金持ちだから独立しているわけでも無いということが分かって、言われてみればたしかに、資産が小規模でも気持ちが良い暮らしをしている人は居るなあと思いました。お金が足りなければ独立がむずかしいけれども、お金を上手く使う、ということも大事にしなければ、物質の奴隷になってしまうという警告を記していました。支配を受けない、奴隷のような状態にならない、ということを学んで実践してゆくための、ヒントをいろいろ書いている章でした。
 「煙のごとき夢中の妄想に」引きずられて心の独立を損なわないように、ということを福沢諭吉が記している箇所があって、安寧をはばむものについて学んでこれを避ける、といったことも本章で取り扱っていました。金の力を用いることによって、かえって自他の精神の独立が害されることがある、と、お金の取扱を工夫することの重要性を説いていました。
 それから「議論と実践」の2つを論じています。
 「議論と実業」の2つのうちのどちらが欠けても、批判すべき状態になってしまう。
 すぐれた人間は大きな仕事や重い仕事をするけれども、それは自分がやるべき仕事を「弁別」しつづけて「軽小を捨てて重大に従う」という長きにわたる「志」があったからである、と福沢諭吉は書いています。
「心事高尚ならざれば働きもまた高尚なるを得ざるなり」と、こころざしが優れていなければ、仕事も優れたものにはならない、ということを書いていました。
 また猛練習に励んでギャンブルの裏技を極めたとしても、それは大きな仕事を成し遂げたとはちょっと言えない。本文にはこう書いています。
「有用無用を明察して有用の方につかしむるものは、すなわち心事の明らかなる人物なり。ゆえにいわく、心事明らかならざれば人の働きをしていたずらに労して功」がほとんど無い。
 大きな仕事というと、現代のインターネット業界で言えばwikipediaの創業と運営を成功させた中心人物とかなんだろうなあと思いました。wikipediaは、勘違いや妄想を減らす効果があるように思います……。
 あと、福沢諭吉は処世術のようなことも書いていて、遊びの現場で道徳的な説教を垂れるのはなんだか異常で、時と場所を選びなさい、ということを書いていました。
「人の働きのみ活発にして明智なきは、蒸気に機関なきがごとく」と書いていて全体の規則をうまく作って、害を減らすことの重要性も記していました。
 ここから、青年の職業論も説いているんですが、これは福沢諭吉こそが慶應義塾という新しい教育現場を作った人なので、ずいぶんリアルな描写になっているように思いました。志が高いと、就きたい職業も狭まってしまって、ステップアップが難しくなる。
 軽小を捨てて重大な仕事を志すのは美事であるけれども、そこで人間性を失ってしまうとまずい。福沢諭吉は、職業弁別は重要だけれども職業差別はまずい、というように説いているのかと思います。「みだりに人を軽蔑する者は、必ずまた人の軽蔑を」受けてしまう、というように警句を記していました。
「他人の働きにくちばしれんと欲せば、試みに」自分で実際にやってみよう、というように実践的に試してみることをすすめていました。
 次回で「学問のすすめ」は完結です。
   

0000 - 学問のすすめ(16)福沢諭吉

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約3秒)
 
★ 『学問のすすめ』第一編(初編)から第一七編まで全文を通読する
 

詩論 中原中也

 今日は、中原中也の「詩論」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これはごく短い随筆で、詩の創作だけではなく、広く芸術について論じたものです。短くても熱量のある美しい詩論でした。
 フランスの詩人ポール・ヴァレリーのことも少しだけ記していました。ポール・ヴァレリーは「我々は後ずさりしながらに未来へ入っていく」という言葉を残したそうです。これは湖に浮かべたボートを漕ぐように、過去と現在を見つめながら、人は未来へ入ってゆくということを意味する詩の言葉なんだそうです。中原中也は、自分自身を愛することと詩をつくって生きることの親和性について書いています。繰り返し読んでみたい作品に思いました。
 

0000 - 詩論 中原中也

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 

黒猫 エドガー・アラン・ポー

 今日は、エドガー・アラン・ポーの「黒猫」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 純文学小説と怪奇物とが入り混じったようなポーの「黒猫」を再読してみました。聖者が殺人犯の告白を聞いてこれを小説に書いたらこうなるのではないか、というような文学作品に思いました。怪奇趣味だけで読むこともできるし、文豪の名作を鑑賞する目的で読むこともできる両義的な物語だと、思いました。
 再読してみると、要点と無関係な枝葉の部分があまたにあって、これが妙に印象に残るのでした。「私」はじつは兎や犬や子猿を飼っていたし、二匹目の「黒猫」には白い毛があまたに生えている……。
「中世紀の僧侶そうりょたちが彼らの犠牲者を壁に塗りこんだと伝えられているように」、「私」は壁の中に重大なものを塗りこんでしまった。
 佐々木直次郎の翻訳文が美しく、読み応えのある小説に思いました。
  

0000 - 黒猫 エドガー・アラン・ポー

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 

ゲーテ詩集(68)

 今日は「ゲーテ詩集」その68を配信します。縦書き表示で読めますよ。
 今回は怪異を描きだす「まるで白昼のよう」な墓地で起きる「物凄い亡者の踊り」が印象に残る作品です。宝に目が眩んだ塔守がどうなったのかちょっと分からない、謎めいた詩でした。
  

0000 - ゲーテ詩集(68)

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約3秒)
  
全文を読むにはこちらをクリック
   
追記  ゲーテを愛読したと随筆に明記していた水木しげる大先生が、今回の墓地の詩を、愛読したことはほぼ確実だろうなと思う、底抜けに明るい、幻想的なガイコツの詩でした。

ある崖上の感情 梶井基次郎

 今日は、梶井基次郎の「ある崖上の感情」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 梶井基次郎は、主人公の「私」が街を放浪し軽妙な幻想に耽ってゆく、一人称の小説が多いと思うんですが、今回は2人の青年を描きだす三人称の記載の短編小説でした。
 2人の感覚の相違について、カフェで話し込むところが序盤に展開されます。梶井基次郎は二人の男を描くんですが、どうもたった1人の「俺」のなかに何もかもが収束してゆくように思えるんです。漱石の「吾輩は猫である」の場合は逆に「吾輩」である猫はほとんど物語の全体を俯瞰する眼になっていってけっきょくは三人称のような鳥瞰図を描きだしていって、街で起きるさまざまな事態を観覧するという展開になって一人称に集約できない世界観になると思うんですが、梶井基次郎は三人称で記しても、「檸檬」の全篇をおおう「私」のような一人の人間が立ち現れてくるように思いました。
 好きなことを夢中でやってしまったので、自分は家を持てないのでは……未来の家族を養えるだけの財力が生じないのでは、といったような焦燥が、物語をおおっているように思えました。梶井基次郎と言えば「檸檬」「器楽的幻覚」がおすすめなんです。本文の、こういう箇所が印象に残りました。
quomark03 - ある崖上の感情 梶井基次郎
  ……ある一つの窓ではレシーヴァを耳に当てて一心にラジオを聴いている人の姿が見えた。その一心な姿を見ていると、彼自身の耳の中でもそのラジオの小さい音がきこえて来るようにさえ思われるのだった。quomark end - ある崖上の感情 梶井基次郎
   
 本作では、崖の上からみえる多くの窓をとおして、人々をじっと覗き見ることは、白いベッドで恋人と戯れるよりももっと蠱惑的な事態であると、男が述べるんです。さらにこれを昇華した空想を描いていました。「朝餉の膳」の箇所が、梶井基次郎の家族愛を感じさせる描写なんです。あまたの窓が記されてその中に生きる人間の姿が活写されて、なんだか十数もの掌編小説を蒐集した本を読み終えたような気持ちになる小説でした。
   

0000 - ある崖上の感情 梶井基次郎

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)