鑑定 芥川龍之介

 今日は、芥川龍之介の「鑑定」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 児玉果亭の山水画を買ってきて飾っていた、真贋で言うとおそらく無名の画家の作品であるはずだが……という話しが記されているんですけれども、美術に関して、つねづね思っていたことを芥川龍之介が書いていてちょっと嬉しく思いました。画集や本や聖書は、そもそも本物の原作では無くて、写真機や印刷機を用いた複製物にすぎないんですけれども、それは鑑賞するにあたって問題にならない。手作業で複製した絵画作品は画集より明らかに質の高い作品なわけで、たしかにスタンドアローン状態の原画には劣るとしても、美術として鑑賞するにあたって、画集以上に、質が高い。盗難目的の複製はただの犯罪ですけれども、合法の範囲内なら鑑賞の対象になる。
 前田青邨がこういうことを書いていたんです。
quomark03 - 鑑定 芥川龍之介
 ある時芍薬を描こうと思ったがちょうど自分のスケッチ帳がなかったので、人のスケッチを借りて描こうと思ったことがあった。そのスケッチは実に克明に微細な点まで写生してあったが、私には何の力ともならなかった。つまり急所が描けていなかったのである。たとえ簡単な線書きだけでも、自分の写生ならば一本の線から無限の真が浮き上がって来る。しからば写生のみで、画業の進歩は得られるかというとそうではない。同時に古画の研究が大切である。(略)自分の心持に感じた名画を克明に模写してみると大いに悟るところがあると思う。quomark end - 鑑定 芥川龍之介  (写生と古画研究 大正15年 1926年)
 
 芥川龍之介はそう言えば、海外の古典から着想を得て、それを模写するように、日本的な物語を作ったことがままあったのですけれども、前田青邨の論じているところと、共通したことを考えていたように思いました。資本主義から見れば複製というのは、価値が低いのかもしれないんですが、作品としての価値はある。焼き物の大半は複製の技法をもって作られているわけで、無名の作者の作物として、鑑賞の価値はある。

0000 - 鑑定 芥川龍之介

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

ミケル祭の聖者 片山廣子

 今日は、片山廣子の「ミケル祭の聖者」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 コレはずいぶん不可思議な散文なんです。誤記もあります。『九月二十八日はミケルマス』と書いていますが。これは9月29日のミカエル祭のことを書きたかったようです。作中に書かれたフィオナ・マクレオドというのはウィリアム・シャープのことです。
 こんかい片山廣子は、天使長ミカエルと、フィオナ・マクラウドの記した海の聖マイケルについて、記しています。wikipediaの「ユダヤ教におけるミカエル」の頁に、片山廣子の述べていることと関連性のある、ミカエルと竜についての記述がありました。伝聞の伝聞とか、編集の編集とか、コピーのコピーはどうも奇妙なことになる……と思いました。片山廣子の読んでいたフィオナ・マクラウド、この人の本は現代でも出版されていて、これは来年読んでみたいなあと思いました。
 ミカエル祭に関する正しい記述はこちらを参考にしてみてください。
 

0000 - ミケル祭の聖者 片山廣子

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

サンタクロースはいるんだ

 今日は、ニューヨーク・サン紙の「サンタクロースはいるんだ」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ぼくはこのエッセーが好きで、何年か前に読んだことがあるんですけど、もういちど今回、装画を新たにしてアップロードしてみます。1888年前後に生まれた女の子が、ニューヨークのTHE SUN新聞に「サンタクロースは居るのか居ないのか」わからないので質問をした、そして新聞社のフランシス・ファーセラス・チャーチさんがこれに答えた、ごく短いエッセーなのですけれども、ほんとにすてきで……この書き手は表だって自分が作者だと名乗っていなかった、そうです。
   

0000 - サンタクロースはいるんだ

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

淡雪 原民喜

 今日は、原民喜の「淡雪」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 コロナ騒動が起きてから、ちょっとウイルスの感染がどのように起きるのかをみんな調べていったわけで、そうすると過去の行動で思い当たることが次々に出てくるんですよ。1人旅が好きなんですけど、ちょっと無理をして長時間鈍行列車に乗っていたりして、健康度の高そうなスタミナ飯を食べて、ほうぼうを歩いて旅を終えて家に帰ってくることが、数年前に何度かあったんです。あれだけ無理をして旅をしても、体調不良にならなかったから、まだまだ体力があるなと思って、帰宅してホッとしていてそのあと5日後くらいに風邪になったりしたんです。野外より自室のほうが不潔なのかな、とか思っていたんですけど、これ調べてみると、風邪ってたいてい5日間くらい潜伏してから発症するんですね。ちょっと数日間の時間差があって。 
 そんなことも知らずに今まで生きてきたんだなーとか思いました。感染したかもしれない日から1週間くらい、健康的な食事と多めの睡眠と、サウナや風呂で清潔を保つことを心がけると、症状が軽く済むのかもしれません。
 原民喜は病に臥す露子という女性の心理状態を描きだします。じっさいの原民喜の人生では、この露子の人生に似た事態が1944年に起きています。ドストエフスキーを読んでいても宮沢賢治を読んでいても、フィクションを中心に置いて物語を構成することによって文学が成立することは明らかなんだと思うんですけれども、実人生がひとつも混じらずに書くことは不可能なんだろうと思いました。原民喜「淡雪」の精緻な心情描写が印象に残りました……。
 

0000 - 淡雪 原民喜

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

分配 島崎藤村

 今日は、島崎藤村の「分配」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 文芸で生計を立てることがほとんど不可能だった時代に、どのように資本と家族と文学のことを考えていたのか、島崎藤村が記しています。とくに家族の成長について書いています。また国による生活保護法の無い時代に、どのように互助の仕組みが存在していたのかも分かる記述がありました。
 島崎藤村は今回、貧しさの中にある時の、ものの考え方を時折記していて……これに感銘を受けました。本文こうです。
quomark03 - 分配 島崎藤村
 過去を振り返って見ると、今の私がどうにか不自由もせずに子供らを養って行けるというだけでも、不思議なくらいである。あの子供らのかあさんの時代のことを思うと、今の借家ずまいでも私には過ぎたものだ。
とみとは、生命よりほかの何物でもない。」
 この言葉が私を励ました。
 私は旅人のような心で、今までどおりのごくあたりまえな生活を続けたかった。quomark end - 分配 島崎藤村
   

0000 - 分配 島崎藤村

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

病院風景 寺田寅彦

 今日は、寺田寅彦の「病院風景」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは百年前の病院について記した随筆です。寺田寅彦の文体が見事なんだと思います。病院とその周辺で起きる日常的な現象を、ことこまかに明記してゆきます。中盤で動物実験に関する人道的見解も、ほんのすこし記されていました。最後の一頁で唐突に寺田寅彦の思いが記されています。普段の寺田寅彦ならここまで感情を込めて書かないのではないか、『文学青年』という文芸誌を創刊した人々の熱意に後押しされて、このおわりの三行を書いたのではないかと思いました。
 

0000 - 病院風景 寺田寅彦

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)