交遊断片 豊島与志雄

 今日は、豊島与志雄の「交遊断片」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは翻訳家の豊島与志雄が、文学仲間や親友のことを記した随筆なんです。
 岸田国士の描写や、芥川龍之介とのエピソードが興味深く、そんな意外な体験をしたのかと驚いたんですが、ちょっと思ったことは、映画を見たあとにそれに影響を受けてものの見方が変わることがあると思うんですけど、翻訳という仕事をしたら一文字一文字自分の日本語でこれを創っていってその作品と深く関わることになるわけで、豊島与志雄の眼差しは、氏が翻訳した「レ・ミゼラブル」となんだか似ていておもしろい、と思いました。
 

0000 - 交遊断片 豊島与志雄

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

友情に関係あるエッセイ 戸坂潤

 今日は、戸坂潤の「友情に関係あるエッセイ」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 戦時期の、非戦について論じようとしている随筆に興味があって、当時は少しでも反戦について明記すると、全文を検閲されてしまってすぐさま発禁になるし、不当に禁固刑に処されたりしたという事実があったわけで、そういう危険な時期に、なにを言えば良いのかとか、どう考えれば良いのか、というのを学べるように思うんです。おもに当たり障りの無い、時局からずらしたことを書くしか無いんですけど、それでも戦争を称揚しないように注意深かったり、あくまでも権力を持たない者の眼差しでモノを語っていたりしていて、その緊張感があって、言いがたいことを伝えようとしていて、いま読んでみると印象深い随筆になっていると思うんです。
 文芸を作れる環境はむしろ、1900年よりも1940年ごろのほうが豊かになっている。1941年に、どういうように出版が成長しつつあるかを論じています。
 あと、戦時中ならではの独特な現象を知って、現代日本がどう外国と違うのか、というのを知るのも面白いです。なぜそうなっているのか知らないんですけど、鉄道や公共交通機関で、日本人が礼儀正しく整列するのは、じつは戦時中の1940年代に出来上がった風習らしいです。くわしくは本文を読んでみてください。
quomark03 - 友情に関係あるエッセイ 戸坂潤
  チャールス・ラムは『エリヤのエッセイズ』で、「既婚者の言動についての或る独身者の嘆き」というものを説いている。quomark end - 友情に関係あるエッセイ 戸坂潤
 
という、このラムの言う、特権的な独身者にそっくりな男が居て、「産めよ、殖やせよ」という戦時の異様なスローガンがあらわれてきたころに急に結婚をした。「ラム氏の結婚」あたりのはなしがおもしろかったです。wikipediaの戸坂潤のページと同時に読むと、感慨深い随筆に思いました……。
 

0000 - 友情に関係あるエッセイ 戸坂潤

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

入浴 片山廣子

 今日は、片山廣子の「入浴」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 戦争中と戦後すぐの、銭湯について記しているんですけれども、今のコロナ時代に読むとなんだか意図と違うところで感心するところがありました。戦争の時代は風呂に入ることもままならなかったし、衛生環境の悪化で病死した人はとても多かったのだろうと思いました。それが、戦争が終わって自由になったら、意外と思ってもみなかった奇妙な不都合が起きる。それはごく些細なことなんですけど、一人一人の考え方に変化が起きている。ずいぶん微細な変化を記すものだ……と思いました。
 

0000 - 入浴 片山廣子

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

春 横瀬夜雨

 今日は、横瀬夜雨の「春」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 現代人よりも近代人のほうが自然界に詳しいわけで、田舎の風物を描いたこの随筆がおもしろかったです。
 横瀬夜雨の柳の芽の表現が印象に残りました。これは俳句の季語にもなっている、春を代表する存在なんです。
 作中のいろんな言葉を検索すると、写真や地図と同時に読んでゆけるので、なんだかおもしろかったです。あと、泥だらけで食べられないはずのタニシ、このタニシの料理について書いていたのですが、調べてみると中国には「螺蛳粉Luosifen」というタニシを使ったスープ料理があって現代人にも人気なのだそうです。
 

0000 - 春 横瀬夜雨

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

舞ひと踊りと 折口信夫

 今日は、折口信夫の「舞ひと踊りと」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 折口信夫は難文の学術書を数多に書いていて、趣味嗜好だけで読むには難しすぎると思うんですけど、これはごくわかりやすい内容を論じていました。舞と踊りがちがう……言葉の微妙な差異が論じられています。これは「民俗芸能の会」の「芸能復興・創刊号」という本に寄稿された随筆だそうです。

 

0000 - 舞ひと踊りと 折口信夫

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

追憶 芥川龍之介

 今日は、芥川龍之介の「追憶」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは芥川龍之介の、実話の随筆なんですけど、おもに子どものころのことを記しています。幽霊の話しとか、いたずらとおしおきの話しが妙に印象に残りました。
 あと、動物の遺骸の処理が現代とまったく異なっていて、つまり町外れには腐臭が漂っていたのだろうかと、思いました。
 山奥の遺骸はふつうに鳥や虫たちが解体してゆくわけで、二十日もあれば骨になるみたいです。
 芥川龍之介は軍人の家系の中で育って海軍機関学校で英語の教官をしていたわけですけど、作品をみると軍国主義という感じがしないです。その理由がちょっと見えてくるのが、この随筆の三十五番目のところで登場する、久井田さんと漱石の話なんです。ほんの少しの時間しか会っていない人が、けっこう重大な価値を齎すことって、あるよなあと思いました。漱石の生き方がどういうように芥川に影響を与えたんだろうか、ちょっと調べてみたいと思いました。
 学生時代に、ライオンというあだ名の友人と長い旅をしたことを書いているんですけど、その描写が瀟洒しょうしゃとでも言えば良いのか、見事なんです。これが子どものころの芥川龍之介の感覚なんだ、と思いました。
 

0000 - 追憶 芥川龍之介

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約50頁 ロード時間/約10秒)