学問のすすめ(12)福沢諭吉

 今日は、福沢諭吉の「学問のすすめ」その12を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回はスピーチの価値について論じています。まったく同じ内容であっても複製した断片だけでは伝わりにくいのに、優れた人が詩をスピーチすれば「わかりやすく」「人を感ぜしむるもの」となって「限りなき風致を生じて衆心を感動」させる。「ゆえに一人の」意見を「衆人に」速やかに伝えられるかどうかは「これを伝うる方法に」よるところが大きい。
 福沢諭吉は、学問を活用して機能させることを重視していて「活用なき学問は無学に等し」いというように書いています。
 読書をして、心の働きに変化が生まれて、これを活用して学を実践にうつす。観察をして推論をして、新しい考えを作り、人と話して知見を交換し、本を出して演説をして知を広める。学問の実践には、人との交流が重要になってゆく。
 学問をほんとうにする人は、談話や演説をすることが、大切になる。独自に一人で学究をするということと、人と交流して知を広めるという「外の務め」というのをしっかりやってはじめて、ほんとうの学者である、と福沢諭吉は説きます。
 知識量が多く人とも多く交流しても、定見を持っていない学者というのがいるのもまずい、とも書きます。
 学問をする者は、高尚な見識というものを持つべきだけれども、「医者の不養生」とか「論語読みの論語知らず」となってはいけない。実行力とか結果とかが、ともなわない学者が多いとマズい、というように福沢諭吉は書くのでした。酒でも遊びでも淫蕩なところに至るとかいうのは駄目だ、風紀や風俗のことで喧々諤々の言い争いをするというのは愚かだ、という指摘もあってこれは荘子が述べているように、優れた学者の「交りは淡きこと水のごとし」というのが理想、ということなのかと思いました。
 学校や学の評価というのは、風紀や風俗をやたらと取り締まっていて全体的に見た目が整っている、というところでは判断できない。学校の価値は「学科の高尚なると、その教法の巧みなると、その人物の品行高くして、議論の賤しからざるとによる」と福沢諭吉は書きます。これは、大組織や政府にも言えることだ、と書いていました。
 今回は、19世紀後半のインド政府がおちいった困難について論じていました。この国家的危機を学問の力で改善していったのが、ガンディーの思想と実践だったというように思いました。
 

0000 - 学問のすすめ(12)福沢諭吉

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約3秒)
 
★ 『学問のすすめ』第一編(初編)から第一七編まで全文を通読する
 

高きへ憧れる心 与謝野晶子

 今日は、与謝野晶子の「高きへ憧れる心」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 与謝野晶子が、アニミズムや山への畏敬について記しています。じっさいの登山での実感もふまえ、古典文学と山との関連も記していて、読んでいて魅了される随筆でした。
 与謝野晶子は、大陸横断鉄道に乗ってヨーロッパへ旅をしたり、子どもを十三人も産んでいて、さらに中国の千山にも登っているのだそうです。
 高野山や吉野山に住んだ西行の、山での心情について書いているのが印象に残りました。本文こうです。 
quomark03 - 高きへ憧れる心 与謝野晶子
 或る日数以上、山に滞在すると寂しくてならない。山上の視野がひろいのに対して、人間の余りに孤小なことさえ感ぜられて寂しくなる。山には早く秋が来るので、八月の末頃まで山にいると、夜など泣きたいような心もちを覚える。高野山や吉野山に住んだ西行がしばしば京に帰って来たのも、こう云う人間思慕の心からではなかったか。 
 山から帰る心は浄められている。quomark end - 高きへ憧れる心 与謝野晶子
 

0000 - 高きへ憧れる心 与謝野晶子

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 

緒方氏を殺した者 太宰治

 今日は、太宰治の「緒方氏を殺した者」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これはごく短い、ほんの一頁の随筆です。本文で記されている緒方氏というのは1905年生まれの緒方隆士という作家仲間のことです。太宰治は、緒方隆士の小説を愛読していて「病弱を美しいと思い」「敗北に享楽し」「不遇を尊敬した」緒方氏の作家性と、近代の無力さについて論じ、緒方隆士への哀惜の念を記していました。
  

0000 - 緒方氏を殺した者 太宰治

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 
追記  1938年の昭和13年8月「日本浪曼派」に掲載されたものです。

ステッキ 寺田寅彦

 今日は、寺田寅彦の「ステッキ」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 杖のさまざまな使われ方と、その社会背景について書いている随筆です。田舎の貧しい暮らしや、羊飼いが使う杖はどういった用途なのかとか、いろんなことを書いていました。「蛭を売る」という習慣があった村というのは、現代では聞いたことが無いように思って引き込まれました。調べてみると現代では、養殖の蛭をつかって血を吸わせて治療をするという医術があるんだそうです。
 百年前の近代都市でしか存在しなかった、ファッション要素としてのみ用いる若者のステッキというのは、これはもう現代ではどのような都市でも見られないものだろう、と思いました。百年前の若者は、人が溢れる埃まみれの東京都心で、ヒノキの剣みたいな武器代わりの杖を、持ち歩きたいという願望があったのでは、とか思いました。
   

0000 - ステッキ 寺田寅彦

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 

学問のすすめ(11)福沢諭吉

 今日は、福沢諭吉の「学問のすすめ」その11を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回はまず、上意下達が必須なのはどういう条件か、というのを福沢諭吉が書いています。まだ自立が不可能な幼い子どもを、じっさいに育てている親なら、これは親が命じて、幼子が従うということがどうにも必要で、この親と子の関係を、権力のなかで無理に作ったものが、日本中世の上下関係である「名分」と専制だったというように記していました。
 権力者が人々を赤子と考えて命令するのは、礼を失している。
「政府と人民とはもと骨肉の縁あるにあらず、実に他人の付合いなり」という指摘が印象に残りました。
 親子関係を模した権力構造は、いっけん良さそうに思えても、じっさいには政治では通用しない。その例として、なにもかもくわしい旦那が商いをしていて、ほかの子どもみたいな扱いをされている番頭や手代が、命令に従っているだけで経営権がひとつも無い場合は、いくら大旦那の経営と考察が優れていても、子のほうはズルをして金を不正に奪うことしか頭が働かなくなる。これは人間が悪いというよりも、専制というシステムそのものが悪いとしか言いようがない。このズルをする人たちが、偽の君子となって、専制の世界で、不正な金を吸いこんで、盗みを働くようになる。専制が盛んなら、こういう偽の君子による不正は必ず起きる、ということなのでした。
 専制と忠義は日本の伝統で、義士が「身を棄てて君のために」はたらく、ということも歴史上、あるにはあったのだがその人数は驚くほど少なく、専制の組織は維持できない。
 では、どうしたら良いのかというと、名分を守るのではなくて職分をだいじにする。政府であれば、暴力の抑止と、富の適正な分配を上手く行うことが職分です。職分を忘れたらそれはもう「無法の騒動」に至るので、身分や立場のことは重んじず、自分の仕事を踏み外さずに、やりとげる。名分はひどい結果を生むけど、職分を重んじれば組織は栄える。次回に続きます。
  

0000 - 学問のすすめ(11)福沢諭吉

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約3秒)
 
★ 『学問のすすめ』第一編(初編)から第一七編まで全文を通読する
 

今日は無事 正宗白鳥

 今日は、正宗白鳥の「今日は無事」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
  浅間山の噴火のことや、火山や自然災害のことをまず書いていて、そこから古典に記された魔物と、戦後の時事についていくつか論じていました。正宗白鳥が核問題について記しています。作中でホメロスが記した『イーリアス』のことを「人間世界夜明けの詩」と位置づけているのが印象に残りました。敗戦後8年経った「こどもの日」に発表された随筆です。
 

0000 - 今日は無事 正宗白鳥

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 
追記  yahooで今年も「3.11」検索企画が開催されていました。