ついにFLASHプラグインによる読書サイトの構築を終えて、jsとcssによる新しい読書サイトの配信を開始できたのですが、古いサイトと混同させると、操作や理解がむつかしくなりすぎるので、ここは旧サイトと新サイトで完全にきりわけることにしました。ですから新しいサイトはしばらくのあいだ、コンテンツ不足の状態が続くことになります。旧サイトは更新停止状態となって、1年後にはFLASHプラグインが使えなくなり、たぶん閉鎖状態となります。新サイトではどんどん新しい作品を掲載して、読みやすくて楽しいサイトにできればなあと思っています。
 
 作り手としては、新しいサイトを構築できて、今まで出来なかった「ページをもどるボタン」が実装できたし、iPhoneやスマートフォンで閲覧可能になったし、ipadですっごく見やすいですし、自分としてはめちゃくちゃ気に入っていて喜んでいて、今から漱石やゲーテ詩集を読んでゆくのが楽しみなのですが、利用者からしたら、新サイトはコンテンツが少なすぎて、すぐに読むモノがなくなってしまうわけで、これは作り手と受け手で、感覚がまったくちがうんじゃないかなとか思っているところです。
 
 自分としては半年くらいかなり迷走して、新しい読書ページを構築してきたので、やっと動くページが作れたことがめっちゃ嬉しいんですけど、この嬉しさは作り手にしか分からないんじゃなかろうかと思っているところです。
 
ただちょっと動作が怪しいところもあるんですよ。cssはけっこう謎めいていて。装画も今のところ上下最大に表示されていないですし。ここらへんはおいおい修正してゆこうかなと思います。