時計のない村 小川未明

 今日は、小川未明の「時計のない村」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 時代の流れの逆側へ向かう……ということはどこかに必ずあると思うんですけど、ぼくは車に乗らなくなって、バイクにも乗らなくなって、自転車だけに乗っている暮らしなんですけど、この自転車だけになっちゃった、というのが意外と楽しいんです。時計の無い暮らしも、実現してみれば楽しいように思います。
 

0000 - 時計のない村 小川未明

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

太陽と星の下 小川未明

 今日は、小川未明の「太陽と星の下」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 物語の序盤に美しい風景を描きだしていて、パウルクレーの透明な絵画みたような描写でした。動物を愛する少年の思いが描きだされます……。中期手塚治虫の創作の骨子には、この童話も重要なルーツのひとつとしてあったのではないか、と思いました。
 

0000 - 太陽と星の下 小川未明

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約20頁 ロード時間/約10秒)
 

真昼のお化け 小川未明

 今日は、小川未明の「真昼のお化け」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは小学校の低学年向けの童話です。思ったことと伝えたことを、一致させたいのに一致しないということに困った、という子供のころの記憶がよみがえる児童小説でした。小川未明はこういうことを子どもたちに述べているんです。
quomark03 - 真昼のお化け 小川未明
  自分じぶんにだけしんじられて、ひとには、どうしてもわからない、不思議ふしぎなことがあるものだということを、かれは、しみじみとかんじたのでありました。quomark end - 真昼のお化け 小川未明
 
 大人になったら不思議なことが減るんですけど、哲学書を読んだりするとそこにワンダーがあるわけで……。wikipediaを読むだけでもいろいろ哲学問題が書かれていてそういう本を読みたくなるんですけど、ぼくがいちばん不思議を感じておもしろかった哲学書はリンク先のこの本なんです。クリプキの本ほんとおもしろいんです。
 

0000 - 真昼のお化け 小川未明

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

金持ちと鶏 小川未明

 今日は、小川未明の「金持ちと鶏」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 この童話は、典型的な事態を描いていて分かりやすい話しなんですけれども、読み終えてから考えてみると、なんだかむつかしいことを書いているように思いました。現代ではお金持ちよりも、時間がありあまっている人に、作中にあるようなまずいことが起きてしまいがちなように思います。エスカレーションするものごとというのは現代にも現実にもよく起きていることで……。なんだか老子の「足るを知る者は富む」を連想しました。wikipediaにちょっと老子の現代語訳が載っていました。こんど老子の本も再読してみたいと思います。
 

0000 - 金持ちと鶏 小川未明

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

バキチの仕事 宮沢賢治

 今日は、宮沢賢治の「バキチの仕事」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ぼくはこれを、ちゃんと読んだのははじめてです。これじつは、短編小説なんですけれども、未完作品なんです。それでもずいぶん楽しめました。もしかすると、トルストイが書き起こした『おおきなかぶ』くらい、りっぱな仕事を、このあとバキチがやるのかもしれない、と思いました。
 

0000 - バキチの仕事 宮沢賢治

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)

月夜と眼鏡 小川未明

 今日は、小川未明の「月夜と眼鏡」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは子どものための童話ですけれど、大人でも楽しめる短編小説なんです。カズオイシグロの文学に登場する、記憶や世界認識に独自性をもつ人物像がぼくにはとても新鮮に感じられたのですが、今回の小川未明の描くおばあさんは、カズオイシグロが書こうとする人間と共通しているところがある……と思いました。小川未明の世界はもっと童話らしくて神秘的なんです。
quomark03 - 月夜と眼鏡 小川未明
 花園には、いろいろの花が、いまを盛りと咲いていました。昼間は、そこに、ちょうや、みつばちが集まっていて、にぎやかでありましたけれど、いまは、葉蔭で楽しい夢を見ながら休んでいるとみえて、まったく静かでした。quomark end - 月夜と眼鏡 小川未明
 

0000 - 月夜と眼鏡 小川未明

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)