学問のすすめ(14)福沢諭吉

 今日は、福沢諭吉の「学問のすすめ」その14を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回は、悪のしくみについて論じていました。なんだか勉強になる内容に思いました。悪をなしてしまっても、当人は自分のことを愚かだと思っていないし「長年ずっと悪の計画を立てていた」というわけではない。実際の犯行を丁寧に調べてみると、悪意も無く事態に至ってしまっている場合も多い。自分の力量を見誤って危ない仕事を引きうけて、自分で勝手に追い詰められてしまうということも、知者が愚かしいことにいたってしまう原因になっている。見積もりが甘くて、予測とじっさいのちがい、というのが生まれて、悪にいたるきっかけになる。十年後の計画というのが、予想と実際のズレに至りやすい。今日の予定とか、明日することとか、そういう小さい目標の積み重ねのほうが良い。
 ここからは商売をちゃんとやるための心得が書かれてゆきます。商売で損をすることを予想して仕事をする人はほとんど居ないけれども、じっさいにやると損失しか出なかった商売は多く、収益についてちゃんとこまごまと計上することの重要性を書いていました。帳簿をちゃんとつけるしかない。この損益の帳簿をいつも再確認するということは、じつは人生においても重要だ、というように福沢諭吉は説くんです。1万円札の顔だった人なだけあるなあ、と思いました。
 時代遅れの学問をやり続けるのは問題だ、難読書に手を出して自分の人生を疎かにするようなことがあってはいけない、自分で自分の進む道を点検する、じぶんの帳簿をつける、というのが大切だ、と福沢諭吉は説くのでした。
 孔子の論語では「損得について考えるのは小人のすることで、君子は人道を重んじる」という教えなんですが、福沢諭吉の場合は、いろんなことを「持続的な商売人ならどうするだろうか」と考えるように薦めていて、商人の倫理を説いているのでした。
 それと権力のしくみのことも説いていて「世話」というのは「保護」と「指図」の両面があって、この両輪が両方とも機能している必要がある、というのでした。世話しているつもりで、保護できてないのは危険だし、世話しているつもりで指図がないなら悪事に至りやすい。「大きなお世話だよ」といって怒ってしまう時には、権力をもつ側に、指図だけがふくらんでいて保護が不足しているということを意味する。
 ギャンブル中毒者に、保護のための生活費をわたしても「賭博は禁止」という指図がなかったら、これは世話が成立していない。世話には「保護して指図する」という両面が必要だ、と書いていました。
 福沢は、市民全員が税金を払うことによって政府を保護している、だから市民は、政府に指図することが重要だ、と説くんです。
 さいきん気になっている、AI労働力とベーシックインカムの相性について、福沢諭吉門下の知識人ならどういう仕組みを提案するんだろうかと思いました。
 ベーシックインカムは「受給資格を審査し続ける、この果てしない労力の無駄遣い」というのを禁じて、小さい政府で、国民全ての安全性を一律に高める方針なんです。だからAI労働が本格化する現代には、相応しい政治方針のはずなんですが、日本政府や米国政府がこれを急に実現できるような気配はまったく無いというか、むしろよりいっそう、貧富の格差が激化しているように思えます。
 「世話における、保護と指図の両立」というのをいろんな場面で注視しておきなさい、と福沢は説くのでした。計算をして事態を俯瞰することが大事だとは言っても、困っている人がいたら思わず助けようとするというのが人間らしい感覚であって、それを忘れてはならない、と最後に記していました。あと3回で完結します。
 

0000 - 学問のすすめ(14)福沢諭吉

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約3秒)
 
★ 『学問のすすめ』第一編(初編)から第一七編まで全文を通読する
 

砂をかむ 坂口安吾

 今日は、坂口安吾の「砂をかむ」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
  坂口安吾は学校教師をしたり、敗戦寸前には日本映画社で働きつつ原稿を書き、忍者の野方図な物語を書いて、戦後すぐに『堕落論』を書いて、長編推理小説も書いて、戦後に晩婚をして子育てをしているのですが、今回はこの子どもと妻のことを記していました。
 

0000 - 砂をかむ 坂口安吾

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 

こころ 今野大力

 今日は、今野大力の「こころ」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これはほんの数行の詩で、一瞬で読み終えてしまうんですが、今野大力の詩をもっと探してみたくなるような掌編でした。
 検閲と発禁が絶えなかった日本近代文学では稀な、反戦詩を多く書いた詩人なんだそうです。
 「こころ」というと漱石と、八木重吉の「秋の瞳」を連想しました。八木はこういう詩を書きました。
 
こころよ
では いつておいで
しかし
また もどつておいでね
やつぱり
ここが いいのだに
こころよ
では 行つておいで(八木重吉の「秋の瞳」より)
 

0000 - こころ 今野大力

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 

ゲーテ詩集(66)

 今日は「ゲーテ詩集」その66を配信します。縦書き表示で読めますよ。
 こんかいは花が主題の詩で、菫や薔薇や、忘れな草が記されます。二百年前の世界は、四方を自然におおわれ尽くした世界だった、というように思う、とりどりの花々の詩でした。ゲーテは詩人であると同時に、政治家であり、自然科学論の本も書いているのでした。哲学者ヘーゲルと文豪ゲーテの討論として有名なものに、こういうものがあります。弁証法といったような新興の技術を悪しき人々に悪用されないかどうかをゲーテはいぶかしんで、安全性や人間性において「自然研究のほうがよっぽどましなものだ」とゲーテが説いたのだそうです。アリストテレスは自然界から学んで人間の哲学を構築した。文学で自然賛歌をする、自然界から学ぶ、ということはゲーテが生涯の仕事として、自ら選んだことなのでした。
 

0000 - ゲーテ詩集(66)

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約3秒)
  
全文を読むにはこちらをクリック
   
追記    万葉集や一茶の句集には、自然界から学ぶ、というところが色濃いのでは、と思いました。

登山趣味 正宗白鳥

 今日は、正宗白鳥の「登山趣味」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 正宗白鳥が冒頭で、日本近代文学には「海洋の文学が乏しい。海上生活を描いたすぐれた文章が無い。しかし、山岳に関する文章は、明治以後にも可成り現れている」ということを書いています。言われてみれば、漱石の「草枕」でも山路が描かれているし、柳田国男も「山人」を描いて、泉鏡花も山に迷い込む物語をさかんに記しています。作家が文芸の評論を書くと、こんなに妙味のある内容になるのかと、驚きながら読みました。
      

0000 - 登山趣味 正宗白鳥

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)
 

猫町 萩原朔太郎

 今日は、萩原朔太郎の「猫町」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
  旅というと、目的地を目指す探訪であるとか、探索とか、社会見学みたいな要素があるのかと思うんですが、萩原朔太郎はそういった目標のある旅では無く、まず、幻視のなか訪れる謎の異界の魅力について記していて、さらに路地の中に迷い込んで方角を見失い居場所が分からなくなることの魅力について描くのでした。萩原の本業は詩作なんですけれども、こんかいは自分の旅の体験を小説の形で記しているのでした。詩人の描く小説、というだけでなにかすてきなものに思いました。萩原朔太郎が冗談のように謎の世界についておもしろおかしく語っているのか、あるいはほんとうにあった奇妙な出来事として、あまたの猫が住む街について記しているのか、いったいどちらなのか判別がつかないまま、謎の事態を読みすすめてゆきました。これは小説の文体を模した、詩なのでは、と思いました。
 

0000 - 猫町 萩原朔太郎

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約5秒)