雨ニモマケズ 宮沢賢治

 今日は、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 宮沢賢治はこの詩で、いちばんはじめに、雨にも負けず風にも負けず……丈夫な身体を持ち、と記しています。じっさいの賢治と妹は、病に弱い身体を持っていた。そのことは『春と修羅』にも描かれています。
 賢治の詩とイメージの関係性が気になりました。
 雪にも夏の暑さにもまけぬ、丈夫なたましいを持っていたのが、賢治の実態だったように思いました。
『春と修羅』に記された「からだ」それから「こころ」という言葉の使い方もちょっと再読をして確認してみると、興味深かったです。
 

0000 - 雨ニモマケズ 宮沢賢治

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)