淫者山へ乗りこむ 坂口安吾

 今日は、坂口安吾の「淫者山へ乗りこむ」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは坂口安吾にしては駄作のように思う……と思いつつ読んだんですけれども、恋人同士や夫婦間の中で生じる暴力性について書いていて、しかしやはり坂口安吾なので、ところどころ、すごいことが書いてあって唸るんです。
 坂口安吾の記す、罪の概念が印象に残るんですけど、そこで「走りすぎた」という記述をするんです。この言葉が、すごい使われ方をしている。言葉は現実から外れて走りすぎることがあるはずで、作家がこの問題を物語を押し進めながら検討しています。後半の静謐な心理描写も迫力がありました。
  

0000 - 淫者山へ乗りこむ 坂口安吾

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

野分(10) 夏目漱石

 今日は、夏目漱石の「野分」その(10)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回は、文学者の白井先生が、経営の成り立ちがたい文芸誌の編纂について語っています。
 近代の文士は食えないし不成功が当然の事だったように思います。鴎外や初期の漱石は、収入源が文学活動では無かったわけで、軍医の仕事や学校の先生としての仕事をしてそれで家族を養っていたわけで、文士としての収支はまず厳しいものだったと思います。
 近代文学は、優れた人が困難にどのように向かいあっているのかを読んでゆくことが出来るので、そこがこの時代の作品の魅力のうちのひとつだと思いました。白井道也は貧しいながらも文学をとにかくやりたいわけで、そうなると富裕層の不正を糾弾するということに自然になってゆく、それがいろんな人の目についてしまうわけです。
 そういえばアンデルセンは、数多の詩を書いたのにも関わらず、創作で儲けられるということがほとんどなく、どうやって暮らしていたかというと、パトロンに気に入られることで、資金を得ていた。いわばスポンサーに保護してもらっている状態だったらしいです。それでその資本上の独立がむつかしい、という不自由から脱却したくて、ずっと独身で旅ばかりをしており、子どもたちのための童話をあまたに書いた、ということらしいです。
 白井道也の場合は、妻帯者なんですけれども、とにかく文芸で儲かるというのは出来ない状態なんです。もうちょっとあとの菊池寛あたりの時代にならないと、文芸で資本が動くということはなかったようで、当時は地位のある仕事をやりつつ副業のように文学に向かいあうしかなかったと思われます。白井道也の活動を見てゆくと、文学だけをやっていて資金の流れが駄目になっている、それで妻と親戚とが相談をして、文芸誌を辞めて教師になるようにしむけたらどうだと、いう話が出てくる。
  お金を工面してやっているのだから、言うことを聞きなさいよと、いうようなことを白井道也は言われそうなんですよ。本文と関係無いんですけれども、アンデルセンが結婚できなかった理由は、自由な資本というのを持つことが出来なかったからなのかもなあ、とか思いました。漱石はこう記します。
quomark03 - 野分(10) 夏目漱石
  雑誌なんかで法螺ほらばかり吹き立てていたって始まらない、これから性根しょうねれかえて、もっと着実な世間に害のないような職業をやれ、教師になる気なら心当りを奔走ほんそうしてやろう、とけるのですね。——そうすればきっと我々の思わく通りになると思うquomark end - 野分(10) 夏目漱石
  
 いっぽうでとうの白井道也は、デカい広告をつくって、青年たちに演説をぶちかましてやろうと、準備をしている。これで本が売れるようになるのかもしれない。次回に続きます。そろそろ終幕なんです。
  

0000 - 野分(10) 夏目漱石

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
「野分」全文をはじめから最後まで通読する(大容量で重いです)

きのこ会議 夢野久作

 今日は、夢野久作の「きのこ会議」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 夢野久作は近代文学の中でもっとも不気味な作品を残した、恐ろしい作家だと思うんですけれども、いくつか童話を書いているんです。そこではよく、勧善懲悪や、悪が滅びる物語が描かれていて、これもけっこうギョッとするんです。ところでキノコについてwikipediaで調べていて、おしゃかさまがどうもキノコを食べて食中毒を起こした、という逸話を発見しました。そういえば仏教関連の本で、キノコについての記載が奇妙だなあと感じたことがあって、不思議に思ったことがあったんですけど、こういう説話があったのは知らなかったです。
 

0000 - きのこ会議 夢野久作

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

親ごころ モオパッサン

 今日は、モオパッサンの「親ごころ」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは行方不明の子どもを探す物語なんです。日本の神隠しで有名な童話と、このモーパッサンの神隠しの物語はどうちがうかというと、謎めいたサーカスの使者にさらわれるのか、自然界の化身としての山神に隠されるのか、というので近代フランスでは人的な力が働いているのが特徴のように思いました。終わりの十行がすてきでした……。
  

0000 - 親ごころ モオパッサン

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

晶子詩篇全集拾遺(67)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(67)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 20世紀の始まりころの武蔵野を描いた詩がすてきでした。当時は武蔵野から「燦爛たる星」が見え「つくづくと天のきを見上げて」いた……。
  

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(67)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

はだかの王さま アンデルセン

 今日は、アンデルセンの「はだかの王さま」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これはとても有名な童話なのですが、改めて読んでみると、だまされてゆく過程がみごとで、こういうことが起きてしまうとあざむかれてしまう、という感じがするんです。人びとの考え方がそれぞれおもしろく、「無」についての連想が広がり、子供と群衆の差異が印象に残りました。
   

0000 - はだかの王さま アンデルセン

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)