風の又三郎 宮沢賢治

 今日は、宮沢賢治の「風の又三郎」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 明けましておめでとうございます、2021年の元旦です。
 物語の序盤に描きだされる、詩的な言葉づかいがみごとなんだと思います。新しい人が遠くからやって来る。子どもたちがどのように親しくなってゆくのか……賢治は農学校の先生で、青年たちとともに学校生活をいとなみながら、童話世界の構築に関して考えを深め、こういった物語を書いたように思いました。
  

0000 - 風の又三郎 宮沢賢治

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

 
 ★書籍&グッズを購入する★