まぼろし 国木田独歩

 今日は、国木田独歩の「まぼろし」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ぼくは今回はじめて、独歩のこの小説を読んでみました。wikipediaには独歩について、こう書いていました。
quomark03 - まぼろし 国木田独歩 
  友人の田山花袋は、独歩の人生を一文字で表すなら「窮」であると……quomark end - まぼろし 国木田独歩
 
 おわりの五行が印象的でした。

0000 - まぼろし 国木田独歩

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)