ペルゴレーズ街の殺人事件 モーリス・ルヴェル

 今日は、モーリス・ルヴェルの「ペルゴレーズ街の殺人事件」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ちょっとドストエフスキーの「白痴」第一章に似た、夜汽車の描写なんです。列車の中で重大なことがほとんどすべて起きてしまっている。漱石の「三四郎」でも列車の中がなんだか印象的です。列車はただ移動するだけのモノのように見えて、目的地に向かっている時に、すでに物語がおおきく動いている……。どこかに辿りつく過程がなんだか物語の中心になっている。
 

0000 - ペルゴレーズ街の殺人事件 モーリス・ルヴェル

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)