向日葵の眼 野村胡堂

 今日は、野村胡堂の「向日葵の眼」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは行方不明になった麗子の母親を探す、少年少女向けの冒険小説なんです。九十年くらい前に書かれた娯楽小説なんです。なんだが古い映画のあらすじだけを記していったみたいな小説で、オチもちょっとあっさりしていて、不思議な読後感の小説でした。『銭形平次捕物控』の作者が描いた児童小説で、起承転結が捕物帖の仕組みで展開してます。
 

0000 - 向日葵の眼 野村胡堂

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)