姦 久生十蘭

 今日は、久生十蘭ひさお じゅうらんの「かしまし」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは1950年あたりの日本の出来事を記した短編小説で、亡くなった、ということにして町を去ったはずの女が、なぜだかどうも生きて帰ってきている。女たちが電話で長話をしているのですけれども、ずいぶん面白いことを言っている。この物語の数年前の当時は、戸籍もあいまいだったし、生死の記録もあいまいだったようです。かしましい女たちの、虚実いりまじった話しがすごい迫力で、後半の起承転転転結という感じの展開がみごとでした。
 

0000 - 姦 久生十蘭

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)