放し鰻 岡本綺堂

 今日は、岡本綺堂の「放し鰻」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 岡本綺堂は、倫理や道徳という縛りから、あきらかに外れているところがあって、それで先の展開が読めずに興味をひかれるんだと思います。それでいて明治や江戸の人情みたいなところが中心に描かれていたりもする。読み終えてから平吉がどういうミスをしちゃったのかなと思ってもういちど読んでみたんですけど、他人を信頼する時に、とても雑なところがあって、そこが原因でいろんなことが起きている。岡本綺堂の本を読んでいると、俗世間に生きる処世訓を説いた「菜根譚」のことをすこぶる思いだすんです。おそらく岡本綺堂が、世間の荒波というのを熟知しているから、そこで古典と共鳴をするんだと思います。

0000 - 放し鰻 岡本綺堂

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)