淫者山へ乗りこむ 坂口安吾

 今日は、坂口安吾の「淫者山へ乗りこむ」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは……恋人同士や夫婦間の中で生じる問題について描いているんですが、ところどころ、考えたこともないことが書いてあって驚くんです。ちょっとぼくには説明できない内容で、全文を読んでもらうと分かるのですが、坂口安吾の記す、罪の概念が印象に残るんですけど、そこで「走りすぎた」という記述をするんです。この言葉が、すごい使われ方をしている。言葉は現実から外れて走りすぎることがあるはずで、作家がこの問題を物語を押し進めながら検討しています。後半の静謐な心理描写も迫力がありました。
  

0000 - 淫者山へ乗りこむ 坂口安吾

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)