猿 芥川龍之介

 今日は、芥川龍之介の「猿」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ぼくはこれを今回はじめて読みました。怪談というわけでもないのに、人間を獲物に見立てた恐ろしい心情が書き記されていったり、賽の河原のごとき刑罰が描かれて、芥川龍之介は、悪い考えを明確に描くんです。後半になって広がった風呂敷が畳まれてゆくにしたがい、個人的な倫理性が立ち現れてくるのがすごかったです。作中にすこし記されているんですけど今作はドストエフスキーの諸作がアイディアの源泉にあるようです。
 

0000 - 猿 芥川龍之介

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)