風呂桶 徳田秋声

 今日は、徳田秋声の「風呂桶」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 自分の冴えない性格のことを内省するときに、老父の姿を思い浮かべるシーンがあるんですけど、ちょっとした仇討ちの場面からさいごの1行までの数ページに、異様な迫力があって、やっぱり百年残る小説は違うなあ、と思いました。滑稽さと深刻さが二重写しになっている場面が、印象深かったです……。
 

0000 - 風呂桶 徳田秋声

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)