鬼 織田作之助

 今日は、織田作之助の「鬼」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 戦時中で貯金も底をついて、喰うのもままならない、いかにも鬼が立ち現れてきそうな、そういう時代にいったいどのような鬼が出てくるのか、と思ったら、娯楽も言論もほとんど封じられてしまったころに、小説を書く仕事をしている男が居る。これがほんとに仕事の鬼で……オチの一言もすごい。鬼、という言葉を改めて辞書で調べてみると、知らなかった歴史のこともいくつか書いていました。

0000 - 鬼 織田作之助

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

 
 ★書籍を購入する★