海の使者 泉鏡花

 今日は、泉鏡花の「海の使者」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 自然界の描写が精妙で美しいんですけれども、物語の途中で、陸にすむ沙魚はぜというのがどうも居るらしい、という話になります。池のくらげも、泉鏡花が描くとまるで奇態な神話の生きもののように記されていて……幻想的な物語でした。本文こうです。
quomark03 - 海の使者 泉鏡花
 この動物は、風のなまぐさに、そらを飛んで人を襲うと聞いた……暴風雨あらしの沖には、海坊主うみぼうずにもばけるであろう。 (略) 海月くらげはひたひたと詰め寄せた。quomark end - 海の使者 泉鏡花

0000 - 海の使者 泉鏡花

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 
追記
ちょっと調べてみると、池にクラゲっているんですね。知らなかったです。幽霊の正体見たり枯れ尾花というかんじで、本作の水母の正体はどうも月影だったのでしょうか?