待つ 太宰治

 今日は、太宰治の「待つ」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これはほんの三頁ほどの短編です。本文とは関係がなくパウル・クレーの絵画のことを思い浮かべたんですけど、ものごとを抽象的に描きだす文体があると思うんです。カズオイシグロの短編を読んだ時にも感じたことなんですけど、地名や人名やものごとのいずれかを具体化しないことの美しさ、というのが今回、この掌編には特徴的に現れているように思いました。
 

0000 - 待つ 太宰治

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)