家のあるじとして気になること フランツ・カフカ

 今日は、フランツ・カフカの「家のあるじとして気になること」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ほんの数ページの掌編なのですが……これはカフカしか書かないだろうという異様な気配の小説になっています。オドラデクという謎の生きものが(たぶんヒトデかクラゲをより謎めいた感じにした生きものが)、家の中で生きている。そういえばニシオンデンザメというサメは400年くらい生きて、植物には1万年以上も生きるものがいるそうです。

0000 - 家のあるじとして気になること フランツ・カフカ

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)