檸檬 梶井基次郎

 今日は、梶井基次郎の「檸檬」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 文学の最初の書きだしというのが、その作品の全体の構成を決めていることがあると思うんですけど、この始まりはほんとにすごいなと思います。カフカの『変身』もすごいと思うんですけど、日本の近代文学といえば、この檸檬の冒頭ではと、思いました。檸檬……。
 

0000 - 檸檬 梶井基次郎

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)