輝ける朝 水野仙子

 今日は、水野仙子の「輝ける朝」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ぼくはこれを数年前に読んだのですが、今読んでみると、なんだかすごく響いてきました。病と生について、水野仙子は書いています。
quomark03 - 輝ける朝 水野仙子
 病氣がかうしてだんだん快くなつて見れば、やつぱり嬉しい。助かつたやうな氣がする。そしてその助かつたやうな氣のするところから、これまでにない命の貴さが感じられる。quomark end - 輝ける朝 水野仙子
 
「思ひもかけぬ青空が」……という小説の一文が印象に残りました。
 

0000 - 輝ける朝 水野仙子

装画をクリックするか、こちらから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)