若鮎の気品を食う 北大路魯山人

 今日は、北大路魯山人の「若鮎の気品を食う」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 美味い鮎がどういうものか、というのを記しています。ぼくは鮎といえば塩焼きがいちばん好きです。けっきょくは釣りたての鮮度の良い鮎が美味い……という話になっているのですけれども、その料理のさまざまな種類と食べかたについて論じつくしているのが、食欲をそそられる随筆でした。魯山人は、鮎の頭も食うようです。YouTubeでも鮎の動画はいろいろありました。
 

0000 - 若鮎の気品を食う 北大路魯山人

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)