はだかの王さま アンデルセン

 今日は、アンデルセンの「はだかの王さま」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これはとても有名な童話なのですが、改めて読んでみると、だまされてゆく過程がみごとで、こういうことが起きてしまうとあざむかれてしまう、という感じがするんです。人びとの考え方がそれぞれおもしろく、「無」についての連想が広がり、子供と群衆の差異が印象に残りました。
   

0000 - はだかの王さま アンデルセン

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)